基礎知識

住宅ローンの残っているマンションも売却できます

更新日:

マンションを所有しているほとんどの人が利用しているのが住宅ローン。

住宅ローンが残っているマンションは売却できないのでは?

と考える人が多くいらっしゃいます。

安心して下さい!
ある程度ローンが減っているか、もしくはマンションを少し高く売ることができれば、住宅ローンを完済して引き渡すことができます。

ここで詳しく解説します。

ローン残高を上回ればマンションは売却できる

マンションを売却するときに、まずしなくてはいけないことが、

  • マンションを査定、「いくらで売れそうか?」を知る
  • 住宅ローンの残高を調べる

(マンションの売却価格 - 諸費用) > 住宅ローン残高

マンションの売却金額で住宅ローンが一括返済できれば、売却(引き渡し)が可能です。必ずしも売却金額で住宅ローンを返済する必要はありません。ポイントは住宅ローンを一括返済できること。

たとえば住宅ローンの残債が多くても、代わりに貯金がある場合には、それを足すことでローンが完済できれば問題ありません。

意外に見落としがちなのが諸費用。これは不動産会社に支払う仲介手数料・不動産売買契約書に貼付する印紙税・抵当権抹消費用などに加えて、引越し費用などが挙げられます。

なぜ一括返済できないと引き渡しができないか?

住宅ローンの一括返済できないと、どうしてマンションの決済・引き渡しができないのでしょうか?

これは、売却するマンションの抵当権が関係しています。住宅ローンを利用して分譲マンションの一室を購入した場合、マンションの登記簿謄本には抵当権の設定がされます。

抵当権の設定は、債務者(マンションの所有者)が勝手にマンションを売却できないように、お金を貸した側(債権者・金融機関)が権利を設定するもの。

厳密に言えば、抵当権が設定されたマンションを移転登記することはできます。でも、いつ競売にかけられるか分からないものに高いお金を支払う人はいないでしょう。【参考】抵当権の付いた物件の売買

住宅ローンがあるマンションの移転登記手続き

  1. 住宅ローンを一括返済する
  2. 金融機関が発行する抵当権抹消書類を入手
  3. 法務局で抵当権抹消手続き
  4. 所有権の移転登記

手続きを時系列で紹介すると、とても面倒そうです・・・。しかし実際には不動産会社の担当・司法書士の先生が、その都度、指示を出してくださるので、言われたとおりに動くだけです。

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

まとめ

たとえ住宅ローンが残っているマンションでも、売却した金額で一括返済ができれば、引き渡しができます。

(マンションの売却価格 - 諸費用) > 住宅ローン残高

  1. マンションの売却価格
  2. マンション売却にかかる費用
  3. 住宅ローンの残高

1・2に関しては、マンションの一括査定を依頼すれば、不動産会社の営業担当が説明してくれます。

3のローン残高は、借り入れをしている金融機関に問い合わせれば知ることができます。また、団体信用保険に加入している人は、年末に郵送される「住宅取得資金にかかる借入金の年末残高等証明書」で、おおよその金額を知ることができます。

-基礎知識

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.