査定

マンションの訪問査定前に準備すべきこと

更新日:

マンション売却の最初のステップが売却査定。
でも、査定って何を準備すればいいの?

よく言われている、
間取り図・マンション管理規約・売買契約書・重要事項説明書・・・etc.
これらは、まったく必要ありません!

それと、掃除の必要もありません。
不動産の仲介営業はプロなので、素人がチョコっと掃除した程度で査定額が高くなったりすることはありません。

査定を担当する不動産営業が、売主に必ず尋ねることが2つあります。二つの質問に対する回答と、あなたの疑問点があれば、訪問査定の準備はOKです!

マンション査定の準備

  • 売却理由(売却を検討中なら)
  • 希望する売却期間(売却を検討中なら)
  • 売主からの質問

訪問査定に書類が不要な理由

  • 間取り図
  • マンション管理規約
  • (購入したときの)売買契約書
  • (購入したときの)重要事項説明書
  • 固定資産税の明細書
  • 実印
  • 印鑑証明書
  • 身分証明
  • 権利書

これらのマンションに関する書類は、訪問査定には必要ありませんので、ご準備いただかなくて結構です。

権利書や実印などは、媒介契約・不動産売買契約・決済引き渡し、3つの場面で必要になるものです。他の書類は、不動産売買の仲介を生業としているのであれば、たいていの必要な書類を入手することができます。

不動産営業は、あなたのマンションを訪問する前に、間取り・新築時の購入金額・住宅ローンの有無などを調査しています。なにも調べずにうっかり訪問査定に伺う、おバカな不動産営業はおりません。

 

訪問査定の準備(1)売却理由

あらかじめ「絶対にマンションを売るつもりはないから」と言わない限り、不動産営業が必ず売主に尋ねるのが、マンションの売却理由です。

これを訊かないで帰る営業はいません。仮にいたとしたら、「もう一度行って、訊いてこい!」と上司に怒られることでしょう。

売主に「売却理由」を尋ねる理由

  • なにか困って売却するのか?
  • 売却理由は、緊急・重要なことか?
  • 近隣トラブルではないのか?

離婚や、ローンの滞納など、場合によっては話しにくい事もあるかもしれません。差し支えない程度に回答を準備して下さい。

訪問査定の準備(2)希望する売却期間

これも、不動産営業が売主にする質問です。

売主が希望する売却期間は、マンションの販売戦略をたてるためにとても重要です。
半年~一年間と長い時間、売却活動ができる場合には、思い切った高値から売り始めて、徐々に値下げをするほうが有利です。

逆に、短期間で売りきらなくてはならない場合には、はじめから相場よりも安い価格で売り出さなければ間に合わなくなってしまいます。

訪問査定の段階で、売却期間が決まっていないときには「分からない」と返答していただいて構いません。

訪問査定の準備(3)売主からの質問

おそらく多くの方が、初めてマンションの売却を経験されるのではないでしょうか?

営業に会って尋ねたいことは、事前に準備しておきましょう。

  • この査定額は、どうやって決めたの?
  • すぐに売れる金額はいくら?
  • 同じマンションを売ったことはありますか?
  • チラシを撒く頻度と量はどれくらい?
  • ネットの掲載はどこに出すか?

その場で思いついたことを尋ねてもいいのですが・・・。
できれば、事前に準備して、複数の営業に同じ質問を投げかけて下さい。

今後、どこの不動産会社から売り出すか、参考にするために、比較することが重要です。営業全員に同じ質問をすれば、営業の返答を比較することが簡単です。

優秀で売れる営業を見極める絶好のチャンスが訪問査定です。

まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

マンションの訪問査定に特別な準備は必要ありません。

しかし、最低でも、売却理由・売却期間・営業への質問、この3つは準備した方がいいでしょう。

訪問査定は、不動産営業を取捨選択する機会です。しっかり準備して、大いに利用して下さい。

大手の安心・地元の熱量、どっちも叶える HOME4U

不動産一括査定は、大手不動産会社が中心だったり、逆に地元密着の小さな不動産屋しか参加していない査定サイトが少なくありません。
  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい
大手不動産会社と地元不動産屋のどっちも選べる HOME4U

  • 対応地域:全国
  • 査定料金:無料
  • プライバシーマーク取得だから安心
  • 厳選された550社で悪徳業者は排除
  • 査定利用者数は日本最多の550万人
【HOME4U】

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産 公式ページ

-査定

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.