不動産会社選び

悪徳不動産屋の手口と見分け方

更新日:

マンション売却は、担当する不動産会社・担当する不動産営業で、全てが決まります。

不動産屋選びで失敗して、悪徳不動産屋と媒介を結んでしまったら一大事です。

今回は、売れないだけじゃ済まないかも?
悪徳不動産屋の手口と見分け方
を紹介します。

媒介契約がないのに勝手に買い主を見つける不動産屋

そもそも媒介契約って、なぜ必要なのかご存知ですか?

現在施行されている宅地建物取引業法において、媒介契約が厳しく規定されるまでは、不動産屋が勝手に空き地などを売り出していたそうです。(業界の都市伝説かもしれませんが・・・)

勝手に売り出しておいて、買主が見つかると、所有者を訪ねて
「お宅の◯◯の土地が、1億円で売れました」と契約をまとめに行ったそうです。

地主:「そんなこと頼んでないよ!」

悪徳不動産屋:「いやいや、もう売れちゃいましたから」

地主:「売る気ないから」

悪徳不動産屋:「買主が困るじゃないですか、もうローン組んじゃったし」

結果オーライだったことも、あるようですが、当然モメることも多かったようです。

こんな悪徳不動産屋が横行していたので、媒介契約に厳しくなったようです。

今では、考えられないようなことですが、悪いことで儲ける不動産屋がいるのは事実です。

囲い込みをする不動産屋

あなたがマンションの売却を頼んだ不動産屋が、
売主に内緒で、勝手にお客様の紹介を断っていたら、どう思いますか?

売るために頼んだ不動産屋が、紹介を断るなんて考えられない・・・、
そんなことないんです。

悪徳不動産屋は、両手契約を狙った「囲い込み」で、他社のお客様を紹介させないことは、少なからず起こっています。

マンション売却で心配な”囲い込み”とは?

オトリ物件で集客する不動産屋

オトリ物件や、オトリ広告も悪徳不動産屋が十八番(おはこ)にしている手口でしょう。

  • 新宿駅、徒歩5分
  • 75平米・2LDK
  • 南向き・25階建ての最上階
  • 価格・2,000万円

こんな、夢のようなマンションが売り出されていたら、誰だって問い合わせしますね。

オトリ物件は、実際には存在しない売却物件。
オトリ物件を掲載している広告が、オトリ広告です。

なぜ、悪徳不動産屋は、オトリ広告を掲載するのでしょうか?

オトリ広告につられて、問い合わせしてきた買い客に、
「残念、ちょうど昨日、売れてしまったんです」
と言って、他の物件を薦めるのです。

行政処分を受けた過去がないかをチェック!

全国の不動産会社を監督している省庁は国土交通省。

悪いことをして、行政処分を喰らった悪徳不動産屋は、データベースに残ります。

このサイトを覗くと、同業者としては震えますね。
指示・業務停止処分を喰らった宅建業者が、いかに多いのかを知ることができます。

免許の更新番号の数字が多い、いわゆる古くからやっている不動産屋もたくさん載っています。

マンション売却で最も大切なのは不動産屋選び

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル
マンションは、あなたの大切な資産。
その資産を現金化するのが、マンション売却です。

大切な資産を、悪徳不動産屋に任せることのないように、慎重に選んで下さい。

-不動産会社選び

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.