内覧

内覧前の掃除はどれくらいするべきか?

更新日:

結論を先に言うと、内覧前の掃除は徹底的にすべきです。

掃除が不十分なマンションは、値下げ交渉の格好の的になります。

何故だか分かりますか?
それは、売り出した部屋(マンション)に、売主の愛着がないことを買主が見透かしてしまうからです。

他人が大事にしているモノを、安く買い叩こうとする人はいません。
逆に、ぞんざいに扱われているモノは、軽く見られて当然です。

買主の心理はこうです。

そんなに要らないのなら、買ってあげるよ。
ただし、安くしてもらうからね。

毎日、コツコツ、少しずつ

掃除は、徹底的にやろうとすると時間がいくらあっても足りません。まとめてドカンと掃除するよりも、マンション売却が決まったら、毎日のように少しずつキレイにしていくことを心がけましょう。

内覧は、週末に決まったように予約が入るわけではありません。平日でも「今日の午後、内覧いいですか?」と担当営業から電話がかかることもあります。

もしかしたら、担当営業は「普段どおりでいいですから」と言うかもしれません。しかし、普段通りで良い訳はありません、しっかり掃除してから内覧客を迎えるべきです。

もし、コツコツ掃除をする時間がないようならば、プロの掃除屋さんに頼んで下さい。


部屋を広く = モノを減らす

単純に、部屋を広く見せたければ、物を減らす必要があります。

断捨離とかミニマリストという言葉が流行りました。部屋には、必要最小限の生活品を残して捨ててしまうか、もしくは預けてしまいましょう。

間取りを変えたり、専有面積を大きくしたりすることはできませんが、広く感じさせることは意外に簡単です。


まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

掃除は徹底的に!
逆に、売り出した後で売主ができることは、掃除以外にないのでは・・・。

広告や、お客様への紹介は、物件担当の営業マンがしっかりやるはずです。

売れる営業に任せたあとは、大船に乗ったつもりで掃除に専念して下さい。

-内覧

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.