不動産売買契約

マンション売買契約、当日の流れ

投稿日:

おめでとうございます!
ついに、この日がやってきました。
そう、待ち焦がれていたマンションの売買契約です。

売主さんは、担当営業の言うように書類等を揃えていただき、当日は時間通りに、忘れ物なく契約場所に来るだけです。

契約場所は、不動産会社の営業所で行われるケースが多いです。
売買契約の所要時間は、おおむね1時間半をみておけば良いでしょう。

マンション売買契約当日の流れ

  • 契約書・契約内容の読み合わせ
  • 設備表・物件状況報告書の確認
  • 売買契約書等に記名と押印
  • 手付金の受領
  • 仲介手数料の半金を支払う

マンション売買契約に必要な書類

売買契約当日に、売主が持参すべき書類などを記します。契約日までに用意ができないものについては、事前に担当営業にお申し出ください。

登記済権利書または登記識別情報 契約時、本人確認のため
運転免許証またはパスポートなど 契約時、本人確認のため
実印 重要事項説明書・不動産売買契約書に押印
印鑑証明書 3ヶ月以内に取得のもの
認印 領収(受領)書などに押印のため
収入印紙 契約書に貼付・割り印
建築確認済証 重要事項説明の資料として

表中の ◯は絶対に必要な書類、△はできれば揃えたい書類です。

マンション売却で必要な書類

1.契約書・契約内容の読み合わせ

売主が時間通りに、契約場所に赴くと、すでに買主は「重要事項説明」を聞き終わっているはずです。まれに「売主も重要事項説明に立ち会ってください」とお願いされることがあります。特に、信託銀行系の不動産会社は、売主同席を求めます。

さて、契約場所に到着すると、売主・買主の挨拶もそこそこに、売買契約書の読みあわせを行い、契約内容の確認をします。

不明点があれば、その場で質問します。加えて、融資承認取得期日・手付解除期日・引渡し予定日などの日付が誤っていないかチェックをしてください。

2.設備表・物件状況報告書の確認

読み合わせが終われば、休みなく「付帯設備表」・「物件状況報告書」の2点を売主・買主間で確認します。この二つの書類は、事前に担当者から受け取り、売主が記入しておくものです。

簡単に説明すると、
売却するマンションには、どのような住宅設備があって、壊れていないか、どこに、いくつ(何個)付いているか、を示す書類です。

もし、壊れている設備があれば、正直に申し出てください。

また、エアコンなどを部屋に残したまま引っ越ししたい場合には、このときに買主の意志を確認します。撤去・残置は買主の判断を仰ぎ、付帯設備表に記入します。

3.売買契約書等に記名と押印

売買契約書・重要事項説明書・付帯設備表・物件状況報告書などに、記名と押印をしていきます。

また、売買契約書には、収入印紙を貼付して割り印します。印紙は郵便局で購入できます。忙しくて購入できない場合は、担当営業に頼んで購入しておいてもらいましょう。

契約する物件価格 印紙代 契約する物件価格 印紙代
10万円超~50万円以下200円 5千万円超~1億円以下3万円
50万円超~100万円以下500円 1億円超~5億円以下6万円
100万円超~500万円以下1千円 5億円超~10億円以下16万円
500万円超~1千万円以下5千円 10億円超~50億円以下32万円
1千万円超~5千万円以下1万円 50億円超~48万円

マンション売却でかかる費用一覧

4.手付金の受領

次に、買主から手付金を受領します。手付金の領収書を買主に交付します、領収書は売主の担当営業が用意しています。

手付金額は、物件価格の3~5%程度、もしくは100万円くらいが妥当です。

手付金は現金で受領することが多いので、売主のテンションは上ります。しかし、ローン特約で白紙解除となれば、全額返金しなければならないので、無駄遣いしないように注意してください。

売買契約の手付金は物件価格の3~5%

5.仲介手数料の半金を支払う

売主・買主間のマンション売買契約は終了です。しかし、売主が帰る前に、不動産会社に仲介手数料を支払います。

仲介手数料は、契約時に半金・引渡し時に残りの半金と二度に分けて支払うのが一般的です。まとまったお金を用意できない場合でも大丈夫です、受領した手付金から支払ってください。

物件価格 仲介手数料 + 消費税 物件価格 仲介手数料 + 消費税
2000万円  71万2800円 5500万円  184万6800円
2500万円  87万4800円 6000万円 200万8800円
3000万円 103万6800円 6500万円 217万800円
3500万円 119万8800円 7000万円 233万2800円
4000万円 136万800円 7500万円 249万4800円
4500万円 152万2800円 8000万円 265万6800円
5000万円 168万4800円 8500万円 281万8800円

マンション売却で仲介手数料はいくらかかる?

まとめ

マンション売却は個別要因が多く、どの程度突っ込んだ解説をしていいのか迷いました。結果的に、ごくごく一般的な売主様をイメージして売買契約の流れを紹介できたと思います。

ここで紹介しきれなかった事例や、不安や疑問点が残る場合には、躊躇せずに担当営業に相談しましょう。

マンション売却において、黙ったままでいると、厄介で取り返しの付かないことに発展しかねません。

相談してしまえば、売主は不要なストレスを抱えずに、頭を悩ませるのは営業に任せることができます。

大手の安心・地元の熱量、どっちも叶える HOME4U

不動産一括査定は、大手不動産会社が中心だったり、逆に地元密着の小さな不動産屋しか参加していない査定サイトが少なくありません。
  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい
大手不動産会社と地元不動産屋のどっちも選べる HOME4U

  • 対応地域:全国
  • 査定料金:無料
  • プライバシーマーク取得だから安心
  • 厳選された550社で悪徳業者は排除
  • 査定利用者数は日本最多の550万人
【HOME4U】

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産 公式ページ

-不動産売買契約

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.