マンション売却の流れと手順!失敗しないコツ

おそらく、このサイトをご覧になっている多くの方が、初めてマンションを売却されるのではないでしょうか?

不動産取引の専門知識がない方でも、安心して、満足できるよう、マンション売却の流れと手順を解説します。

マンション売却の流れには、失敗しやすいポイントや、売主が損をする間違いがあります。
その点はとくに詳しく、ご説明いたします。

マンション売却の流れ

  1. 住宅ローンの残債を調べる
  2. 売却相場を自分なりに調べる
  3. マンション売却の費用を知る
  4. マンション売却の予備知識を得る
  5. 不動産屋にマンション査定を依頼する
  6. 不動産屋を選ぶ
  7. 媒介契約を締結する
  8. 売り出してから不動産会社の仕事をチェックする
  9. 物件の整理整頓をする
  10. 内覧を受け入れる
  11. 購入申し込みを受け取る
  12. 売買契約を締結する
  13. 引越し準備をする
  14. 残金決済・マンションの引き渡し
マンション売却で必要な書類
マンションを売るときに必要になる書類がいくつかあります。 もちろん、不動産会社に売却依頼をすれば、売却過程の段階に応じて「必要な書類」を指示してくれます。しかし、事前にどんな書類が必要になるのかを知り、二度手間にならないように準備をし...

1.住宅ローンの残債を調べる

マンション売却を始める人に、まずして欲しいことは住宅ローンの残債額を調べることです。

マンションは、売却代金で住宅ローンの一括返済をして、抵当権を外さないと、所有権の移転登記ができません。つまり、ローン残高を下回る価格で売却しても、マンションを買主に引き渡すことができないのです。(預金で一括返済できる場合を除く)

もちろん、少しでも高く売ることを目指すのですが、「最低限、ココまでなら値下げできる」という最低ライン(価格)を知っておく必要があります。
また、このあとマンション査定をした際に、不動産屋にローンの残債を尋ねられる、という事情もあります。

ローン残高を調べる方法

  • ローンを組んだときに銀行からもらった「支払い予定表」を確認する
  • 団体信用保険の「年末残高予定表」という葉書を確認する
  • 借り入れをしている金融機関に問い合わせる(電話でOK)
住宅ローンの残っているマンションも売却できます
マンションを所有している、ほとんどの人が利用しているのが住宅ローン。 住宅ローンが残っているマンションは売却できないのでは? と考える人が多くいらっしゃいます。 運営者 安心して下さい! ある程度ロ...

2.売却相場を自分なりに調べる

マンションの売却相場は、所有者自身で調べることができます。

いきなり不動産屋に尋ねても構いませんが、ある程度のデータを持ったうえで営業の話を聞いたほうが、説明を理解しやすいですし、営業のいい加減さを見破ることもできます。

マンションの売却相場を調べる

  • 過去の取り引き金額を知る → 土地総合情報システム
  • 過去の取り引き平米単価 → レインズ マーケット インフォメーション
  • 現在、売り出し中の物件情報 → SUUMO(スーモ)・HOME4U

詳しくは、下の記事で紹介しています。

マンションの売却相場を調べる方法
マンションを売りたいけど、いったいいくらで売れるんだろう? 不動産会社が投函するチラシを見てもピンときません。 マンション相場を知らずに売り出すと最悪。悪徳不動産屋に安く売却されたり、住宅ローンの返済ができず別の借金を背負ったりと、...

3.マンション売却の費用を知る

住宅ローンの残債を調べ、売却相場を調べたら、忘れずに売却費用も確認しておきましょう。
売却費用を計算せずにギリギリで売ると、仲介手数料を支払えず苦労することに・・。

仲介手数料は(売買契約・引き渡し)2回に分けて、不動産会社に支払います。
買主から受け取る(手付金・売買代金)から支払うことができます。
現金を用意する必要は、ありません。

マンション売却の費用一覧(仲介手数料の早見表あり)
マンションを売却するとき注意すべきことは、売却後に手元に残る金額ではないでしょうか? 不動産屋に言われるままにマンションを値下げして、気がついたら住宅ローンの残債ギリギリの売買金額で、仲介手数料が持ち出しになってしまっては悲しいです。...
マンション売却で仲介手数料はいくらかかる?
マンション売却で支払わなくてはいけないのが不動産会社に支払う仲介手数料。知り合い・親戚にマンションを譲渡する、いわゆる個人間売買を除けば、ほとんどのケースで不動産会社に仲介を依頼(媒介依頼)せざるを得ないので、仲介手数料は必須の経費と言って...

4.マンション売却の予備知識を得る

誰も教えてくれないけど、知っていて損をしないマンション売却の知識を確認しておきます。
ざっと目を通すだけでも、困ったときに思い出せるので重宝します。

マンション売却、管理費・修繕積立金はいつまで払う?
マンションを売却することになったら、管理費や修繕積立金は、いつまで支払えばいいのでしょう? 運営者 「もう、売ってしまうからマンションの管理費・修繕積立金は関係ない」なんて思っていませんか・・・? マンショ...
マンションの買い替えで損しないポイント
マンションはライフスタイルの変化で買い替えるのが理想的。 最初のマンション購入タイミングは「結婚と同時」という方が多いでしょう。 家族が増えて、マンションが手狭になったり。 逆に、子供が独立して、小さなマンションに買い替える場合も...
買取保証の比較ができる大手不動産会社5選
なるべく高く売りたい 早く売れないと困る 家を売りたい、多くの人が抱えている願いですが、 高く売る・早く売る、この2つは二律背反、いわゆるトレードオフ関係。 高く売りたければ、高く買ってくれる人を待たなけ...
マンションを早く売るノウハウ
運営者 マンションを早く売ることは、高く売るのを諦めることと、勘違いしていませんか? 少し視点を変えた場合、 マンションが早く売れれば、結果的に手元に残るお金が多くなることがあります。 Time is M...
マンションを高く売るノウハウ
マンションは、あなたの大切な資産。 その資産を現金化するのが、マンション売却です。 買主が「一万円でも安く買いたい」と思うのと同様、売主が「一万円でも高く売りたい」と考えるのは、ごく自然なこと。 買主と売主の思惑がせめぎ合い、...

5.マンション査定を依頼する

自分で売却相場を調べても、最終的にはプロの不動産屋に意見を聞く必要があります。

マンション査定は、ネットで一括査定を申し込みます。
昔のように、一軒ずつ不動産屋を訪ねて回ることはなくなりました。

一括査定のメリット

  • 一度の入力で複数の業者に同じ情報を提供できる
  • 1社~6社まで、気になる不動産会社に依頼が可能
  • 定休日・担当者の不在を気にせず、簡単で気軽に査定
  • 査定結果はメールでも受け取れる、気になれば後日訪問もOK
  • 複数の不動産会社に査定を依頼することで、査定額の違いを知る
  • 比較できるから、不動産会社の取捨選択が簡単
準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない
マンション売却査定の仕組み
マンションの売却には、二つの方法があります。 売主から直接、転売目的の再販業者が購入する「買い取り」 中古マンションを購入する一般客に購入してもらう「仲介」 「買い取り」は、すぐに売れる代わりに、再販業者の利益分だ...
マンションの訪問査定前に準備すべきこと
マンション売却の最初のステップが売却査定。 査定の前になにを準備すればいいの? 間取り図・マンション管理規約・売買契約書・重要事項説明書・・・etc. これらは、とくに必要ありません! それと、掃除の必要もありません。 ち...
訪問査定と机上査定の違い
マンション売却の第一歩は、エリアの相場を知るための売却査定でしょう。 自分のマンションがいくらで売れるのか? 売却査定は、エリアのマンションを知り尽くした不動産仲介会社に依頼し。査定依頼を受けた不動産会社は、過去の取引事例を参考...
マンションの査定方法・査定額はこうして決まる
不動産会社が出す査定額は、「絶対にその価格で売れる」という金額ではありません。査定額とは「おおむね3ヶ月以内で売れる価格」を算出しています。 いますぐ絶対に売れる金額は「買い取り査定」で知ることができます。買い取り査定は、業者が再販売...
不動産会社の査定額が相場より高い理由
マンションは大切な資産だから、「なるべく高く売りたい」というのは、売主のごく普通な気持ちです。 しかし、その善良な売主につけこむのが悪徳不動産会社。 相場より極端に高い査定額で売主の歓心を得て、独占交渉権である「専任媒介」を取得...
マンション一括査定の注意点
いまマンションを売ったら、いくらになるだろう? すぐに売る気がない人でも、所有するマンションの資産価値や、近隣の売却相場というのは、とても気になるものです。 住んでいるマンションの査定には、一括査定サービスを利用するのが便利です...

5-2.マンション売却の査定サービス

マンションの売却査定には、リスクを分散するため、2つ以上の査定サービス(無料)を利用します。

大手だけの査定サービスの「すまいValue」と、準大手から地元の中小までが揃った「HOME4U」の組み合わせがバランス良いでしょう。

すまいValueの残念な評判・肯定的な口コミ
家の資産価値を調べたいだけなのに、査定を依頼したとたん、しつこく営業されたり。 査定額を、とにかく高く提示して、「それならば」と依頼を受けた後で値下げさせる。 運営者 こんな、悪徳不動産会社が存在するため、これまで不動...
HOME4Uの残念な評判と肯定的な口コミ
不動産一括査定を日本に広めたのが、株式会社NTTデータ・スマートソーシングが運営するHOME4U。 HOME4Uが世に出る前は・・ 家を売却したい人・資産価値を調べたい人は、しつこい営業をかわしながら、街の不動産屋を一軒ずつ巡る...
大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

すまいValue 不動産査定のメリット

  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

6.不動産屋を選ぶ

一括査定では、複数の不動産営業に会うことができます。ぜひ、マンションをより高く・より早く、売ってくれる不動産屋を厳選してください。

不動産屋には、得意不得意があります。また、営業マンの成績にも優劣があります。

あなたの大切な資産を預けるに値する営業かを問い続けてください。

マンション売却売却価格売却期間対応と手続き
得意な業者高く売れる短いスムーズ
不得意な業者安くしか売れない長いトラブル
不動産会社の仲介実績ランキング【2019】
あなたのマンション売却の参考になるよう、売買仲介の実力を示すランキング(売上高順)を作成。8項目の統計から、中古不動産の売買を扱う「不動産流通」データを参照したデータです。あなたが頼みたい不動産会社はありますか?
売れる不動産会社の選び方
社長のベンツが見えなくなるまで頭を下げ続ける店舗のスタッフ 応接セットが超豪華なんだけど、絶望的に趣味が悪い 店に入ると、鷹の剥製がデーンと置いてある コレって、ひと昔前に大活躍した悪徳不動産屋のイメージではないです...
売れる担当営業の見つけ方
マンション売却は、担当する不動産会社・担当する不動産営業で、全てが決まります。 とりわけ高く売りたい場合や、早く売りたい場合など、担当営業の個人的なスキルが、マンション売却の成否に大きく影響してきます。 もし、売り出したい不動産...
地元密着の不動産屋?それとも大手不動産会社に頼むべきか?
マンション売却は、担当する不動産会社・担当する不動産営業で、全てが決まります。 不動産会社選びは、とても大事。 地元の中小不動産屋と、全国チェーンの大手不動産会社、どちらを選ぶべきですか? これは、よくお客様からい...
悪徳不動産屋の手口と見分け方
マンション売却は、担当する不動産会社・担当する不動産営業で、全てが決まります。 不動産屋選びで失敗して、悪徳不動産屋と媒介を結んでしまったら一大事です。 今回は、売れないだけじゃ済まないかも? 悪徳不動産屋の手口と見分け方を紹...

7.媒介契約を締結する

不動産会社と担当営業を決めたら、媒介契約を締結します。
媒介契約とは、「あなたの会社から、売り出してください」と不動産会社に依頼する契約です。

媒介契約で大事なことは、マンションの販売価格をあなたが決めるということ。
安い価格で、手早く儲けようとする営業マンの言いなりになっては損をします。

事前に調べたマンション相場と、複数の営業から聞いた査定額の根拠をベースに、あなた自身で決めます。

マンションの売り出し価格の決め方
マンションの売り出し価格に決め方なんてあるの? こんな疑問を感じる売主は、不動産会社の言いなりに売値を決めてしまう可能性があるので要注意。 マンションはあなたの大切な資産です。 マンション売却は資産を現金化するための手段です。 ...
マンションの売り方、早く・高く・確実に売る方法
マンションの売り方には、買取・仲介・買取保証の3種類があります。 これからマンションを売却しようとする人は、3つのマンションの売り方の違いを知ることで、不動産屋に振り回されることなく、有利で確実に(おまけに高値で)売ることができます。...

7-2.媒介契約の種類を決める

媒介契約は、大きく分けて2種類あります。
一社だけにお願いする専任媒介契約
複数の不動産会社から同時に売り出す一般媒介契約

媒介種類は、それぞれにメリットとデメリットがあります。

専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約
売り出す不動産屋1社のみ1社のみ何社でも
売主が買主を見つけるできないできるできる
売却状況の報告必ず状況を報告
1週間に1回以上
必ず状況を報告
2週間に1回以上
報告義務なし
(売主が訊けばOK)
レインズへ登録必ず登録
(5日以内)
必ず登録
(7日以内)
登録義務なし
(頼めば登録)
宣伝広告費多い多い一社あたりは少ない
囲い込みの心配ありありなし
専任媒介と一般媒介の違い|どっちが有利にマンション売却?
マンションを売却する際、いきなり迷う場面があるでしょう。 それが、不動産会社に販売を依頼する「媒介契約の種類」です。 媒介契約の種類は、専属専任媒介・専任媒介・一般媒介の3種類があります。 不動産会社は「専任媒介でなけれ...
売れる!媒介契約の種類とは?
マンション売却で避けて通れない問題の一つに媒介契約の締結があります。 媒介契約とは、マンションの売主が、不動産会社(仲介業者)に販売活動を依頼すること。 不動産会社を介さずに、個人の売主が自力でマンションを売却するのは、至難の業...
一般媒介のメリット・デメリット
マンション売却は、担当する不動産会社・担当する不動産営業で、全てが決まります。 慎重に吟味しても、専任で頼みたい会社・営業が見つからない場合もあるでしょう。すると、選択肢は一般媒介で複数の会社に頼らざるを得ません。 不動産会社と...
一般媒介契約でレインズに登録してもらう方法
一般媒介の特徴 複数の不動産会社から売り出せる (不動産会社は)レインズへの登録義務がない (不動産会社は)売主へ販売状況の報告義務がない 業者間の競争原理を煽る効果を期待できる 囲い込みの心配が不要 一般媒介...
専属専任・専任媒介のメリット・デメリット
マンションの売却をはじめる売主は、どの不動産会社から売り出し、媒介契約の種類は何を選ぶのかを決めなければなりません。 マンション売却は、担当する不動産会社・担当する不動産営業で、全てが決まります。 媒介契約の種類は、否応なく不動...

8.売り出してから不動産会社の仕事をチェック

不動産会社と媒介契約を締結すると、いよいよマンション売却がスタートします。

売り出してから、不動産会社がしっかり仕事をしているか、定期的にチェックしてください。
チェックするのは、インターネット広告とチラシです。

物件をアピール!不動産広告の種類
マンションを売り出したら、物件は正しく広告されなければなりません。 ピント外れの広告は、お客様からの反響を得られないばかりでなく、物件の価値をも毀損しかねません。 いわゆる不動産広告と言われるものには、どのような種類があるのでし...
不動産チラシのメリット・デメリット
不動産広告のなかでも、長く営業マンに愛され、一般の人に忌み嫌われているのが、ポストに投函されるチラシではないでしょうか。 紙媒体のチラシには、投函チラシ・新聞折込チラシ・店頭掲載のマイソクなどがあります。 インターネットで物件を...
インターネット広告のメリット・デメリット
いまマンション売却をするなら、インターネットへの広告(出稿)は避けて通れません。 ほとんどのお客様(買主)は、ネットに掲載された物件の情報や写真を見たうえで、内覧の申し込みをします。つまり、購入するマンションをネットで事前に絞り込んで...

8-2.囲い込みされていないか?

売主に損をさせてでも儲けようと「囲い込み」をする不動産会社もあります。

(一社だけの)専任媒介だと、他社の紹介客を勝手に断ったり、値下げを強要されることも少なくありません。

マンション売却で心配な”囲い込み”とは?
専任媒介でマンションの売却を依頼したはずの不動産会社は、売主の利益を優先した仲介を心がけているのでしょうか? 専任媒介なのに半年以上売れない お客様は「価格が高すぎる」と言っているらしい 担当営業は「値下げしないと...

9.物件の整理整頓をする

売れる不動産会社をシッカリ選んだら、集客とお客様の案内などは担当営業に頑張ってもらうしかありません。
あなたは整理整頓と内覧対応をします。

整理整頓は、ガッツリ物を減らして、掃除を続けること。
昨日よりもキレイになるように、毎日(売れるまで)繰り返し行います。

内覧前の掃除はどれくらいするべきか?
結論を先に言うと、内覧前の掃除は徹底的にすべきです。 掃除が不十分なマンションは、値下げ交渉の格好の的になります。 何故だか分かりますか? それは、売り出した部屋(マンション)に、売主の愛着がないことを買主が見透かしてしまうか...

10.内覧を受け入れる

適正な販売価格で、普通に広告活動をしていれば、月に2~5件ほどの内覧希望があります。

なるべく、お客様の都合に合わせてスケジュール調整をしてください。

初めての内覧の場合は、担当営業が内覧の準備やお客様から「よく質問されること」をレクチャーしてくれます。

マンション内覧で尋ねられる質問と模範回答
初めての内覧は、ドキドキ緊張するもの。 変な質問されたら困るから・・・。 内覧前に準備を怠らない売主さんも多いでしょう。 内覧を受け入れる、あなた(売主)も緊張していますが、 同じように、お客様(買主)も緊張していることは忘...
はじめての内覧前に準備すべきことは?
売り出したマンションが契約に至るまでに、必ず経るステップがお客様の内覧。どんなに気に入っていようと、内覧せずに中古マンションを購入するお客様はいません。 内覧でお客様をガッカリさせるか、逆に満足してもらい購入申込をされるかは、売主の内...
内覧当日の流れ
マンション売却で、重要な内覧。しっかりと準備して買主を迎えたいものです。 内覧当日は、どのような流れになっているのか? 内覧前の準備と合わせて、ご紹介します。 内覧当日の流れ 徹底的に掃除 ペットと子どもを...
内覧が終わってから売主がすべきこと
ドキドキの内覧が済んでホッと一息ついたら、売主は内覧後にしなければいけないことがあります。 「鉄は熱いうちに打て」という諺がありますが、内覧後にすぐやるべきことは、その日の反省です。少々ストイックかもしれませんが、この反省会は、次の内...
マンションが売れない原因と、価格を下げる前に見直すべきポイント
やっぱり販売価格が高すぎたのが売れない原因? たしかに、売れないマンションの特効薬が値下げ。マンション購入で一番の魅力は何といっても値段のやすさです。 しかし、簡単にマンションの値下げをする前に、現在の販売状況を見直すことで、ポ...

11.購入申し込みを受け取る

5件ほど順調に内覧客を迎えれば、そろそろ購入の申込(買い付け)があるころです。
購入申込書には、買主の希望条件が記入されています。

購入申込書のチェックポイント

  • 購入希望額(値下げ交渉)
  • 手付金の額
  • 引き渡し希望日
  • ローン利用の有無

もっとも悩ましいのが値下げ交渉がある場合です。
どの程度、買主の希望に沿えるのか、担当営業と相談しましょう。

購入申し込みのチェックポイントと注意点
売り出したマンションに購入申し込みが入る! 売主にとっては、たいへん嬉しい瞬間です。 ただし、売買契約前なので、浮かれてはいられません。 売買契約を締結して、やっと半分売れたと言って良い状態。残り半分は、残金決済・引き渡しが終...
マンションの成約価格とは?売り出し価格・販売価格との違い!
マンションの成約価格とは、最終的に売主が買主に売り渡すマンションの売却価格のこと。 売り出した価格から、値下げ・価格交渉に応じたとしても、最低価格を上回っていなくてはいけません。最低価格とは、ローンの残債や引越し費用など、それ以下で売...

12.売買契約を締結する

購入希望者との交渉が済めば、すぐに売買契約の締結です。

内覧~購入希望~売買契約までを、一日で済ませる不動産屋もあります。
しかし通常は、内覧日の次の週末に売買契約を設定するのが一般的でしょう。

慌ただしく感じますが、担当営業が必要な書類などを指南してくれます。
売買契約当日は、署名・押印・手付金を受け取る、流れになります。

マンション売買契約、当日の流れ
おめでとうございます! ついに、この日がやってきました。 そう、待ち焦がれていたマンションの売買契約です。 売主さんは、担当営業の言うように書類等を揃えていただき、当日は時間通りに、忘れ物なく契約場所に来るだけです。 契約場...
売買契約の手付金は物件価格の3~5%
売り出したマンションに買い付け(購入の申し込み)が入ると、次のステップは不動産売買契約になります。 売買契約時には、買主から売主に手付金が支払われます。手付金額については、購入申込書に記載されている場合が多く、売買契約前に手付の金額を...

13.引越し準備をする

売買契約後のキャンセル

引っ越しの準備は、売買契約締結~残金決済・引き渡しまでに行われなければいけません。

ただし、万が一、買主のローンが否認される可能性もあるので、「融資承認取得期日」を過ぎてから、引越し日を確定させたほうが良いでしょう。

マンション売却中のキャンセル!売主都合と買主都合での対処法
マンション売却で、起こってほしくないトラブルがキャンセル。しかし、買主からのキャンセルだけでなく、売主自身が売買契約をキャンセルしなければならないこともあります。 家族・親族に猛烈に反対された 身内の病気や怪我などで転居でき...

14.残金決済・マンションの引き渡し

最後に、売買代金の残金を受け取り、マンションを引き渡して終了です。

引き渡しは、平日の午前中、銀行の支店で行われます。
決済・引渡し日までに、引っ越しや住民票の移動などすべてを終わらせるようにします。

なお、(住宅ローン)一括返済の手続きに数日間かかる銀行もあります。
引き渡し日が決定したら、すぐに借入先の銀行に連絡しましょう。

マンション売却の残金決済・引き渡し、当日の流れ
マンション売却の最終ステージが、残金の決済・物件の引き渡し。 決済と引き渡しは平日の午前中に1~2時間くらいで終わります。決済の場所は、買主の指定する銀行です。利便性の良い駅前の支店が多いので、午前を半休にするだけで大丈夫かも...
マンション売却でかかる税金
マンション売却の現場で、心配されている売主さんの声を耳にすることがあります。 マンションが売れたら、税金を払わなくてはいけない! 税金は普段から馴染みがないので、必要以上に恐れているように見受けられます。 しかし心配ご無用。マ...

マンション売却の税金

マンションの売買契約では、契約書に必ず収入印紙を貼付します。
印紙税という、れっきとした税金ですが、すでにマンションの売却費用の項目で紹介しました。

印紙税のほかに、マンションを売却して利益が出た場合に発生する税金が「譲渡所得税/住民税」。

3000万円で購入したマンションが3080万円で売れたら80万円のプラス。
この80万円から、買ったとき・売ったときの費用を差し引くことができる。
(仲介手数料・印紙代・移転登記費用などが対象)

諸費用を引いても、なお利益が出ている場合、3,000万円特別控除という特例が適用できます。
つまり、マンション売却で(諸費用を引いて)さらに3,000万円以上、利益が出ないと、譲渡所得税・住民税はかかりません。

売却益が出る場合には、確定申告が必要です。

マンション売却のよくある質問

マンション売却でよくある質問をまとめて紹介していきます。

  • 部屋をリフォームしてから売り出すべき?
  • 売却せず、賃貸にだすのは、どうですか?
  • 離婚・自殺など売却理由は話すべきですか?
  • とりあえずメールで査定額だけ知ることはできますか?

リフォームしてからマンション売却?

マンション売却のよくある質問部屋はリフォームしてから売り出すべきですか?

回答ペットを飼育していて、壁紙・床材に著しい汚れ、破損、匂いがある場合には、最低限のリフォームを検討されることもあります。
しかし、普通に生活していた使用感、損耗はリフォームせずに、そのまま売り出して構いません。
理由として、リフォーム代をかけた分だけ、売却代金が高くなるとは限らないからです。
リフォーム業者と協力関係にある不動産屋はリフォームを勧めることがありますが、多くの場合、リフォーム業者が儲かり、不動産営業は業者から紹介料を受け取っています。

マンション売却せず、賃貸にだすのは?

マンション売却のよくある質問マンション売却せず、賃貸にだすのは?

回答住宅ローンの返済中であれば売却、ローンが完済しているマンションならば賃貸に出しても良いと思います。
賃料収入が、住宅ローンの支払いより多ければ儲かるほど、大家業は単純ではありません。マンションの管理費・修繕費、固定資産税・都市計画税など、利回りを下げる固定費は多くあります。
また、空室リスクと、入居者が入れ替わる際の原状回復費や仲介手数料など、出費は多く、手残りは少ないが現実です。
ただし、住宅ローンが完済しているのであれば検討しても良いでしょう。

離婚・自殺など売却理由は話すべきですか?

質問離婚・自殺など売却理由は話すべきですか?

回答マンション売却では告知事項と言って、心理的瑕疵の有無を明示する必要があります。
自殺した部屋の場合は、買主に告知をしなければいけません。一方、離婚が原因でマンション売却するのは、(今のところ)告知事項にあたりません。
マンションを売る人には、この境界が分からないでしょう。心配なようであれば担当の不動産営業に相談することをお勧めします。

とりあえずメールで査定額だけ知ることはできますか?

質問とりあえずメールで査定額だけ知ることはできますか?

回答とりあえず、資産状況をチェックしたい。将来マンション売却するときの参考にしたいと査定をされる方は少なくありません。
不動産屋にしつこく営業されるのも面倒ですから、メールで査定額だけ知ることはできます。
「必要な場合には、こちらから連絡します」と備考欄に記入すれば、電話や訪問などやされないのが一般的です。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

すまいValue 不動産査定のメリット

  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました