一括査定の評判

ソニー不動産の評判/裏切り者は正義のヒーロー?

更新日:

うらぎ~り ものの~♪
名を 受けて~♪

すべてを 捨てて~♪
戦う おとこ~♪

あなたは、この歌をご存知ですか?
これは、テレビアニメ「デビルマン」の主題歌。

そう、デビルマンは悪魔から正義のヒーローに転身した「裏切り者」だったんです。

ところで、なんでこんなこと言い出したのでしょうか?

じつは、不動産業界のデビルマンとも言える裏切り者がいます。
この裏切り者が、ソニー不動産。

これまでは、
売主が泣きをみても、不動産屋が儲かるように、
仲間(業界)内で結託して悪さをしていた
のに・・。

ソニー不動産は、すべてをオープンにして、売主の利益を守ろうと戦い始めました。

ソニー不動産の評判・特徴などを紹介していきます。
ちなみに悪魔の力を身につけた、正義のヒーローですから・・・、

強いですよ!
デ~ビ~ル!

ソニー不動産は裏切り者?

あなたが家を売る立場だったとしたら・・・、

家を高く売ってくれる不動産会社と、
安く売らせようとする不動産会社、

どちらに売却を頼みますか?

普通の売主だったら、前者に売却を依頼(媒介契約といいます)しますね。
というか、わざわざ安く売らせる不動産会社を選ぶ売主はいないでしょう。

しかし、実際に選んでしまっている不動産会社は、残念ながら後者です。

もちろん、不動産会社も最初から安く売らせる素振りは見せません。
最初は「ウチなら高く売れます」を調子の良いことを言って・・・、
(独占的な)専任媒介契約で売主を囲い込んだら、

「やっぱり売れないから値下げしてくれ」と、最終奥義の値下げプレッシャーをかけます。

他社には、売主の希望する値段で買いたいという、お客様がいたとしても、
「契約予定です」と勝手に紹介を断って、自社のお客様で両手仲介にこだわります。

両手契約は、片手契約に比べ2倍の儲けを不動産会社は得られますからね。
自社のお客様が買う気になる価格まで値下げさせようと必死です。

もう、営業所といわず、会社ぐるみで両手契約目指して値下げプレッシャーをかけますから、これをはねつける意思を持った売主は少ないです。

担当者だけで説得できない場合は、所属長や上司も同席して「値下げしろ」の大合唱。

紹介客を断られた他社も黙認です。なぜなら自分の会社も同じことをしますから。
赤信号、みんなで渡れば怖くない・・というのが不動産業界。

いやいや、これって不動産業界の闇なんじゃね?
囲い込みとか不動産屋しか儲からないし、売主がかわいそくね?

自分らは囲い込みやめるよ
売主の利益を優先すっからさー

by ソニー不動産
(謎に若者言葉なのは、反逆者らしくロックの精神をあらわしているつもり・・)

このように、業界に反旗を翻したのがソニー不動産なんです。

業界のソニー不動産に対する評判

不動産仲介の裏切り者ポジションのソニー不動産。

ソニー不動産だ?
ワカゾーが 偉そうなこといって スカしてんじゃねーぞ

by 他の不動産会社の社長さん
(元ヤンキーという設定でお届けしています・・)

こんなソニー不動産の悪い評判を立てるのは、他社のトップばかり・・・。
現場の客付け担当(買主の担当営業)には、ソニー不動産の評判は上々です。

じつは、不動産仲介の売主担当って、ぶっちゃけ面倒くさいんです。
売れたときに、売買契約書・重要事項説明書を作成するのは(慣例として)買主担当ではなく、売主担当の営業さん。

買主の担当営業は、契約前にやることは特にありません。
契約後に住宅ローンの審査を申請するくらいです。

一方、売主の担当営業は大変です。
役所に行って、売却物件の調査をして、
間違いなく重要事項説明書・売買契約書をつくって、
重要事項説明もしなければいけません。

ソニー不動産は、こんな面倒くさい売主の担当をしてくれたうえに、
囲い込みせずに買い客を受け入れてくれるのですから、
面倒くさがりの(他社)不動産営業の評判が悪いはずがありません。

ソニー不動産の営業さんは忙しい

ソニー不動産の評判・口コミ
ソニー不動産の物件を借りてオープンハウス

千葉市の不動産会社、営業職

ソニー不動産が専任媒介で預かった物件を、ウチの会社でオープンハウスしていました。

物件元の業者が、売主の場合には、オープンハウスのために物件を借りることは珍しくありません。
ただし、ソニー不動産のように仲介業者だと、話は別です。

仲介業者は両手契約をするために、他社に物件情報を流さずに囲い込みをするのが普通だからです。

ソニー不動産の営業さんは、きっと忙しいんでしょう。
自分たちで(時間のかかる)オープンハウスをすることはありません。

片手仲介で構わないから、どんどん買主候補を集客するために、物件近くの不動産会社に声をかけていくようです。

オープンハウスをしていた物件は、1ヶ月ほどで契約できました。

ソニー不動産を利用したユーザーの評判

ソニー不動産の評判・口コミ
不信感でいっぱいだった売却活動の末

横浜市港南区のマンションを売却
40代 女性

売却を始めて半年間、まったく売れなかったのでソニー不動産に切り替えました。
前に頼んでいたのは、最大手とはいかないけれど、そこそこ有名な不動産チェーン店。

最初の3ヶ月は住みながら売却活動。この間、その不動産会社が連れてきたお客さんは1組だけ。担当さんの言い訳は「居住中の物件は内覧がしにくい」とのことでした。

3ヶ月を過ぎた頃に、転居先が決まり、引っ越し~空室で売ることに・・・。
販売の状況を報告書で郵送してくれていましたが、たしかに空室にしてから内覧が増えました。しかし、なかなか売れません。

すると、担当さんは「たくさん見せたけど、売れない理由は価格が高いせいだ」と値下げを迫るようになりました。

これが内覧されている部屋なの?

転居先は大阪だったのですが、3ヶ月ぶりに横浜で用事を済ませたあと、マンションの部屋に寄ってみると、売り出しているはずのマンションはヒドイ状態に・・。

他の売り出しマンションのチラシが無造作に置いてあり。
空気の入れ替えをした形跡もなく、排水管(S字トラップ)の水が干上がり、下水の臭いが上がっていて、部屋中に臭いニオイが充満していました。

これは、お客様の内覧は嘘の報告だ!
誰が見ても一目でわかる状況に唖然とし、不動産会社への不信感でいっぱいになりました。

ただ、その不動産会社とコトを構える勇気は持てず、「売れないから他の会社に切り替えます」とだけ言って、専任媒介契約の更新をしませんでした。

そのあと、ソニー不動産の評判を目にして、まずは「個別相談会」に出かけて話を聞きました。ソニー不動産は、横浜に綺麗なオフィスがあって、横浜市内の物件に力を入れていることがわかります。

結局、他社も検討しましたが、ソニー不動産の出来ること、できないことを、ハッキリ言う姿勢に、潔さというか、真面目さを信頼して頼むことにしました。

前の不動産屋は、なんでも出来るような返事で、ハイハイ言うのですが、振り返ってみればそんなに都合の良いことはありえないのだと思えます。

ソニー不動産では、切り替えから3ヶ月以内に売れるであろう金額を精査していただきました。まず、4580万円で売り出し、お客様の反応を見ながら最終的には4400万円まで値下げするプランです。

切り替えてからの3ヶ月間で、チラシとネット広告、周辺の不動産会社にオープンハウスを開催してもらう、集客プランを伺いました。

金額は下がらないことを願うばかりでしたが、それ以上に3ヶ月間の売却期間を見通せることで安心感が格段に違いました。

結局、売り出してわずか2週間で、最初の4580万円で(値下げ交渉もなく)あっさり買主が決まりました。

ちょうど、新婚の夫婦がマンションを気に入ってくださり、「すぐにでも引っ越したい」と言っていただけた時には、うっかり、涙が出そうになりました。(笑)

ソニー不動産は売却プランがしっかり確立していて、これでダメなら値下げもやむなしという納得感があります。

最初に私たちの不安感に共感してくれたこと。
媒介契約を急がせなかったこと。
他の売却事例を見せてもらったこと。

これらが、ソニー不動産の信頼につながったと思います。

ソニー不動産の特徴

不動産会社は、売出し物件の囲い込みをして、両手仲介になるまで値下げをさせれば、一つの売買契約で儲けを最大化することができます。

買主も不動産屋の恩恵を受けますね。良い物件が安く購入できますから。

しかし、買った人も、いつか売却する時がきます。
ですから、めぐりめぐってババを引くことになるかもしれません。

ソニー不動産の姿勢

  • こんな不動産業界の歪んだ構造は改めましょう
  • 安く買いたい買主と、高く売りたい売主をどちらも仲介は利益相反
  • アメリカではとっくに禁止されています
  • ソニー不動産は、原則として片手取引で、売主の利益を優先します

面倒で、大変だけど、不動産取引の健全化のために、すすんで汗をかきます!
これがソニー不動産の信念です。

ソニー不動産のデメリットは地域限定

俺は 東京生まれ 東京育ち♪
悪そなやつは だいたい友達♪

Dragon Ashではないですが、ソニー不動産は関東地方の地域限定です。
東京・神奈川・千葉・埼玉と関東地方だけでしか、売買の仲介をしません。

ぶっちゃけ、関東でしっかりと足元を固めてからでないと、全国展開者はできないかもしれません。

地域の他のデメリットとして、
ソニー不動産は一戸建てよりも、マンションの売却を得意としています。
マンションは調査が比較的、楽ですし、一度でも契約すれば、そのときの調査データが会社の資産として蓄積されます。

一戸建ては個別要素が多く、その都度、きちんと調査をしなければトラブルになりかねません。

ソニー不動産のデメリット

  • ソニー不動産は、関東地方の物件に限定している。
  • マンション売却が得意で、一戸建ての仲介は苦手。

ソニー不動産のデメリットは、このあたりにあります。

ソニー不動産の会社情報

商号 ソニー不動産
Sony Real Estate Corporation
事業内容 不動産の売買仲介、賃貸管理、コンサルティング
設立年月 2014年4月14日
代表取締役社長 西山和良
資本金 18億2245万円
宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(1)第9297号
ホームページ https://sony-fudosan.com/company/outline/
店舗 銀座オフィス
銀座第2オフィス
銀座第3オフィス
渋谷青山オフィス
池袋オフィス
横浜オフィス
サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-一括査定の評判

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.