基礎知識

マンション売却でかかる税金

更新日:

マンション売却の現場で、心配されている売主さんの声を耳にすることがあります。

マンションが売れたら、税金を払わなくてはいけない!

税金は普段から馴染みがないので、必要以上に恐れているように見受けられます。
しかし心配ご無用。マンション売却で税金がかかる人はごくわずか。

【税金の心配が心配な売主】
自分で住んだマンションが、買ったときより3000万円以上高く売れた場合だけ!

ただし、売買契約書に貼付する印紙税は逃れられません。これは、あとで紹介します。

税金の支払いで不安の残る方は、早めに税金の専門家に相談するのがベストな選択です。
担当の不動産営業は・・ダメです、一定の知識はありますが、税金に関して素人同然です。それでは、税理士・・相談だけでもお金がかかるかもしれません、モッタイナイです。

おすすめの相談方法は、税務署に出向いたり、電話で尋ねれば、マンション売却に関する税金について、職員が懇切丁寧に教えてくれます。
もちろん無料(タダ)です!

見落としがちな税金「印紙税」

印紙税だけは、マンションが高く売れようが、安く売れようが絶対にかかる税金です。

印紙税額は、不動産売買契約する物件の金額で決まります。

契約する物件価格 印紙代 契約する物件価格 印紙代
10万円超~50万円以下200円 5千万円超~1億円以下3万円
50万円超~100万円以下500円 1億円超~5億円以下6万円
100万円超~500万円以下1千円 5億円超~10億円以下16万円
500万円超~1千万円以下5千円 10億円超~50億円以下32万円
1千万円超~5千万円以下1万円 50億円超~48万円

印紙税の他にかかる売却費用もご確認下さい。

マンション売却の費用一覧(仲介手数料の早見表あり)

 

まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

マンション売却の税金について、不動産営業は当てになりません。もちろん一定の知識はありますが、会社の研修などで「税金に関して知ったようなことを言うな」と何度も諭されています。

  • 3000万円特別控除
  • 買い換え特例
  • 長期譲渡所得の軽減税率
  • 譲渡に関する費用
  • 売却損の損益通算など

税金は、複合的な要素が絡んで分かりにくいうえに、毎年のように法改正があって知識が陳腐化します。不動産会社の方針として、営業が生半可な知識をひけらかした末にクレームになることを恐れ警告しているのです。

税理士の先生と付き合いのある方は、相談すればいいですが、そんな人ばかりではないでしょう。

先に書いたように、税務署に直接電話して(または出向いて)相談するのが、最も確実です。きっと拍子抜けするほど、職員は丁寧に時間をかけて説明してくれることでしょう。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-基礎知識

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.