価格

マンションの成約価格とは?売り出し価格・販売価格との違い!

更新日:

マンションの成約価格とは、最終的に売主が買主に売り渡すマンションの売却価格のこと。

売り出した価格から、値下げ・価格交渉に応じたとしても、最低価格を上回っていなくてはいけません。最低価格とは、ローンの残債や引越し費用など、それ以下で売ることができない最低限の価格を指します。

売りたい価格 > 成約価格 > 最低価格

不動産業界の専門用語で、売買契約書を「37条書面」と言いますが、この売買契約書に記載された物件価格が成約価格です。

マンションの売り出し価格の決め方

売り出し価格・販売価格

販売価格は、マンションの売却活動をしている期間の価格を指します。

販売価格のなかでも、とくにマンションを売りはじめた当初の価格を、売り出し価格といい。もっとも注目を集める価格と言えるでしょう。

近隣エリアに、人気の中古マンションが新たに売り出されれば、「内覧したい」という購入希望者が不動産会社に問い合わせをします。

このとき、物件の魅力相応な価格であることが大事で、高すぎる売り出し価格では、お客様の反響がまったく得られません。購入客の反響がなければ、様子を見て、段階的な値下げが必要になります。

契約金額が成約価格

販売期間中に段階的な値下げをすることで、販売価格は安くなっていくのが一般的です。

提示した販売価格のまま、購入申し込み(買い付け)が入ることもありますが、「100万円値下げしてくれたら購入する」と言った具合に最期に値下げ交渉があることも少なくありません。

どれだけ値下げ交渉に応じれるかは売主次第。値下げを拒否して次の購入客に期待することもできますし、確実に契約してくれるお客様の意向に合わせる場合もあります。

こうして、売主・買主の両者が合意し、最終的に契約書に記載された金額が成約価格と言います。

成約価格は近所にバレない

売り出し期間中の販売価格は、チラシやインターネットに物件情報が掲載されるため、近隣の住民が知るところとなります。

とくに同じマンションに住むご近所さんは販売価格に注目しています。きっと、ご自分のマンションの資産価値が気になるのでしょう。

販売価格はご近所さんにバレてしまいますが、成約価格は内緒にしておくことができます。成約価格は、売主・買主と、不動産会社が知っていること。わざわざ公表する業者もありません。

まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

成約価格は、高ければ高いほど売主としては嬉しいでしょう。同じように買主は、成約価格が安いほど嬉しいのです。

売りたい価格 > 成約価格 > 最低価格

「売りたい価格」と「買いたい価格」の間で、両者が妥協点を見つけることができたのが成約価格と言えます。

売主としては、最低価格を下回ることはできないので、販売価格を高めに設定することが重要となってきます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-価格

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.