内覧

はじめての内覧前に準備すべきことは?

更新日:

売り出したマンションが契約に至るまでに、必ず経るステップがお客様の内覧。どんなに気に入っていようと、内覧せずに中古マンションを購入するお客様はいません。

内覧でお客様をガッカリさせるか、逆に満足してもらい購入申込をされるかは、売主の内覧準備にかかっています。

とはいえ、難しい演出をする必要はありません。お客様が内覧で見たいものを見せてあげ、不安に感じることを売主が解消することが大切です。

あと、ほんの少し気分よく、内覧を終えることができたら、言うことなし。

もともと、あなたの売り出すお部屋に、興味のあるお客様しか内覧しないのですから、頑張って売りつける必要もないんです。リラックスして内覧を迎える準備をしましょう。

選ばれるための内覧は間違い!?
買う前に内覧で確認するが正解!

買う気のないお客様を、いかに内覧で買う気にさせるか?・・・という、
ありがちなマンション内覧の間違いがあります。

買主候補であるお客様は、「なんか良い中古マンションはないか?」と内覧するわけではありません。もちろん、そんな内覧をしている仲介業者が100%ないわけではありませんが、営業としては二流と言わざるを得ません。

正しいマンション内覧とは、あらかた購入するマンションを決めていて、最終的な確認のために内覧するのです。ですから小手先のテクニックもセールストークによる売り込みも必要ありません。

内覧前にしっかりとした準備ができていればいいのです。

内覧前の準備

  • 整理整頓と徹底的な掃除
  • 大事な大事な室内写真
  • 照明は明るく!暗い物件はNG
  • 空気をリフレッシュ!10分前には換気を!
  • ペットと子どもは外に連れ出す
  • 想定問答でネガティブ要素を潰しておく

汚い部屋は買い叩かれる

月並みですが、マンション売却で大事なのは、不動産会社選びと掃除です。

汚くて、狭いマンションを、わざわざ好き好んで購入しようというお客様はいません。誰でも、綺麗でさっぱりした部屋を購入したいと思っているのです。

同じマンションでも、汚いままで売り出せば安い価格でしか売れません。
また、汚い部屋のマンションは、買主が平気で価格交渉をしてきます。

買主の立場になれば当然の心理で、
「この売主は、まったく愛着を持っていないな」
と判断されてしまうのです。

ポロリはなくとも、
徹底的に魅せる室内写真

内覧は、買主が最終確認に来るもの。

  • 室内収納は、どれくらいあるのか?
  • 日中の陽当たりはどうなのか?

内覧途中で、買主に疑問点が起こってしまうのは、良い内覧とはいえません。

リビング・寝室・水回りなど、そこまで見せるか?
というくらい室内写真で買主に魅せる必要があります。

買主は、インターネットで購入物件を探します。
ネットで沢山閲覧される物件の特徴は、室内写真が豊富に掲載されていること。

先述したように、綺麗に掃除したうえで、なるべく多くの写真を掲載するように担当営業に求めて下さい。

また、カメラの露出はプラス補正をして、物件を明るく撮影します。暗い写真はNG、掲載しないほうがマシかもしれません。

他に、ズームカメラであれば広角でワイドに撮影して下さい。人の見た目以上に室内を広く見せることができます。

お化け屋敷を好んで買う人はいない

ネットに掲載する室内写真は、プラス補正で明るく撮影することを紹介しました。これは、内覧でも同じことが言えます。

内覧時の室内は、明るければ明るいほど買主の印象は良くなります。

  • 玄関・リビングは特に明るく
  • お客様の内覧前に、全室の照明をフル点灯
  • お客様が玄関を出るまで照明を消さない

たった、これだけのことを内覧時に行うだけで、買主の感度はグッと上がります。電気代をケチってもしょうがないです、徹底してやれば必ず結果が出ます。

逆に、ちゃんと売主に照明を点灯するという内覧の基本的な準備を告げない不動産営業が多すぎます。

薄暗い部屋を見せられては、お客様の買う気も失せてしまいます。お化け屋敷を進んで購入する人はいないのです。

ジメジメ厳禁!
10分前には換気する

薄暗いのと同様に、ジメジメとして淀んだ空気が漂った部屋では、お客様の買う気も失せます。

お客様の内覧時間に合わせて、部屋の換気を行いましょう。内覧される季節にもよりますが、爽やかな風が通っている状態がベストです。

退去後の空室物件を案内する場合、不動産営業は必ず事前に物件の通風を行います。しかし、入居中の内覧で「直前に窓を開けて換気を行ってください」と売主にアドバイスする不動産営業は少ないです。

照明同様、通風もやれば必ず結果が出ます。
お化け屋敷を進んで購入する人はいないのですから。(二回目)

ペットと子どもは外に連れ出す

内覧の対応をされるのは、奥さま一人で十分です。男性より女性の方が、柔らかく和やかな雰囲気になりやすく、買主も質問しやすいようです。

困った内覧としてあげられるのは、家族全員が勢揃いしているとき。
買主家族と、売主家族、それぞれを担当する不動産営業が一人ずつ同席したら、内覧は息苦しくてしょうがないでしょう。

ペットと子どもは、できれば内覧の時間には外に連れ出していただく方が良い結果が出ます。
空気・音、ともに良好な内覧環境を作ることができます。

想定問答でネガティブ要素を潰しておく

内覧で厄介なのは、買主から売主への質問です。
普通、それ訊かないでしょう?という質問をされることがあります。

とはいえ、一定の経験のある不動産営業であれば、内覧でどんな質問があるのか知っています。

不安に感じているようであれば、
どんな質問があって、どのように答えるべきか?
内覧前に想定問答をしておきましょう。

訊かれて困る質問ほど、返答を練っておく必要があります。

まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

内覧前の準備で売主に心がけてほしいのは、なんといっても清潔感。

「どうせ中古のマンションを買う気で内覧に来るんだろう・・・。」
これは大きな間違いです。

良いレストランや洒落たカフェでも、トイレが汚かったら、とても残念ではないですか?
マンション売却も同じで、清潔感こそ物件のイメージ・雰囲気を決定づける要素です。

内覧当日の流れ

他に、余裕があれば準備したいことに、疑問点の解消があります。

  • どんな順番で部屋を内覧をするのか?
  • 買主からは、どんな質問をされるのか?
  • 答えにくい質問はどうすればいいか?

これらの疑問点は、内覧前に担当営業に尋ねてクリアーにしておきましょう。

もし、内覧前に不安や緊張があったら、それはまだ準備が足りていない証拠。担当営業をつかまえて、しっかり準備して内覧に臨む必要があります。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

街の不動産屋は、売却依頼をもらうまでは、とっても丁寧で誠実そう・・・ しかし、媒介契約を締結(売却の依頼)した途端に、横暴な態度に豹変する営業も、少なくありません

コンプライアンス遵守と企業イメージを大切にする「大手不動産会社」なら安心
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • 大手を選べるから、しつこい営業行為がない
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる
  • 高く売れる会社と理由がわかる
  • すまいValue 公式ページ

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産 公式ページ

-内覧

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.