内覧

マンション内覧で尋ねられる質問と模範回答

更新日:

初めての内覧は、ドキドキ緊張するもの。

変な質問されたら困るから・・・。
内覧前に準備を怠らない売主さんも多いでしょう。

内覧を受け入れる、あなた(売主)も緊張していますが、
同じように、お客様(買主)も緊張していることは忘れないでください。

質問したいことの半分も聞けず、見たいところも見れずに帰ってしまうお客様も意外に多いんです。

売主自身がリラックスして、質問しやすい雰囲気づくりも内覧を成功に導くポイント。

今回は、内覧で尋ねられる質問と模範回答を紹介します。

内覧時間は15分程度

まずはじめに、内覧の基礎知識をおさらいします。

お客様が内覧にいらしてから、帰られるまでは約15分程度と考えて下さい。

よく売主さんに質問されるのですが、内覧のときにお茶出しは不要です。「せっかく出されたから飲まなくては」「間が持たないから会話をしなければ」と買主にいらぬ気遣いをさせてしまいます。

あと、クローゼット・収納スペース・水回りなど、どこも見られると覚悟して下さい。見られないのは冷蔵庫の中身くらいです。(笑)

掃除や整理整頓は徹底的にしますが、傷や壁紙の穴などを無理に隠す必要はありません。ただし、どうしてその穴が空いたのか、なぜフローリングに傷がついたのか、は説明した方がいいでしょう。直せばもとに戻ることは買主にも分かります。どういうことをすると壊れるのか、買主は原因を知りたいのです。

内覧中は、お客様について回らなくて結構です。それは不動産営業の仕事。売主はリビングで待っていて下さい。内覧の最期にお客様はリビングに戻ってきます。

内覧当日の流れ

内覧でお客様に質問されること

内覧では、お客様から以下のような質問があります。

どれも「不動産営業に聞いても分からないでしょ?」ということで、お客様は、実際に住んでいる売主に尋ねたい質問です。

内覧で売主にされる質問

  • どうしてマンションを売却するんですか?
  • マンションで問題になっていることはありますか?
  • 両隣と上階にはどんな人が住んでいる?
  • 近くでタバコを吸う人はいますか?
  • 近所で困った人はいませんか?
  • 深夜の騒音はありませんか?
  • マンションに(買主と)同じくらいの子どもは?
  • 置いていく家具やエアコンは?

売主の回答は、嘘がなく・ポジティブに

内覧でお客様から質問されたことは、変に取り繕う必要はありません。多少、都合の悪いことでも堂々と答えて下さい。

基本的には、嘘をつかないで欲しいのですが、これは100%本当のことしか言わない、というわけではありません。

騒音や近所に困った住人がいる場合には、素直に話すべきですし。同じマンションの隣の部屋で自殺や一家心中があったら、正直に話さなければいけません。

しかし、売却理由などの非常に個人的な質問に対しては、多少の嘘が許されるケースです。「会社で左遷され、給与が下がってしまい、ローンの支払いが厳しくなった」と素直に言う必要はありません。

「親の介護で同居することになったので、マンションは売却することにします」こんなふうに答えていただければOKです。

素直に話す方がいいのか、多少の嘘が許されるのか、判断に迷った時には必ず担当営業に相談して下さい。どちらにすべきかは営業から適切なアドバイスがあるはずです。

NGな売主の態度

よくある売主の態度として、
妙に卑下した話し方をする人がいます。これは、意識して止めたほうがいいと考えます。

狭い部屋でしょう?
汚い部屋でビックリしたでしょう。
こんな部屋じゃ、なかなか買ってもらえないわね。

思い当たる言動はありませんか?
本人としては、意識してそうしているわけではなく、いたって無意識なのでしょう。

気をつけて下さい。

はじめての内覧前に準備すべきことは?

まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

初めての内覧は、とにかく緊張します。

あなたは、緊張を和らげる方法をご存知ですか?

緊張を和らげるためには、しっかりと準備をすること。どんな質問をされるか、分からないからドキドキするのです。

売却理由について質問されたら、こう答えよう。

こうした準備が、緊張感を和らげて、内覧時の良い雰囲気づくりに役立ちます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-内覧

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.