内覧

内覧が終わってから売主がすべきこと

更新日:

ドキドキの内覧が済んでホッと一息ついたら、売主は内覧後にしなければいけないことがあります。

「鉄は熱いうちに打て」という諺がありますが、内覧後にすぐやるべきことは、その日の反省です。少々ストイックかもしれませんが、この反省会は、次の内覧に必ず生かすことができるのでオススメです。

では、どんなことを反省すればいいのでしょう?
今回は、内覧が終わってから売主がすべきことを紹介します。

内覧当日の流れ

お客様の感想を聞く

内覧が終わると、その日のうちに内覧の結果と、お客様の感想を担当営業から聞くことができます。

  • 購入を検討されたか?
  • 印象の良かった点?
  • 印象の悪かった点?
  • 価格についてはどうか?
  • お客様が気にされていたことは?
  • 担当営業は、どう思ったか?

お客様がまったく気に入っていなかった場合には、感想が何もない場合があります。その場合には、内覧に付き添った担当営業は、売主の対応をどう思ったのか尋ねましょう。

水回りの汚れが目立った、壁紙の穴を気にされていたなど、改善できる点を考慮しましょう。

想定問答をブラッシュアップ

初めての内覧のときは、お客様からの質問にうまく答えられないことがあります。

  • マンションのゴミ出しのルールは?
  • 新聞は集合ポストまで取りに行くのか?
  • 近所のスーパーや病院の評判
  • 幼稚園・保育園・小学校の評判
  • 近隣の騒音と治安について

想定していなかった質問がされたときは、誰でもうまく答えることができません。何度も想定問答を繰り返し、質問に対する返答を用意します。

車を持っていなければ、駐車場の抽選ルールも知らないでしょう。お子さんがいなければ小学校の評判は耳に入ってきません。マンションを売るためには、出来る限り質問に答えられるように調査をしましょう。

マンション内覧で尋ねられる質問と模範回答

ハウスクリーニングを検討する

リフォーム・ステージング

内覧でお客様の印象が良くない時には、荷物が多い・部屋が汚い、ことが原因になることが多くあります。

売主が、自分なりに整理整頓や掃除をしても効果がない場合には、ハウスクリーニングなどのプロの業者に頼むことを検討しましょう。

荷物が多すぎて、部屋が狭く見える場合には、レンタル収納スペースを借りて、しばらく使わないものを外に出すことを考えて下さい。

まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

失敗は成功の母と言います。

今日の内覧が上手くいかなくても、教訓を次の内覧に生かすことができれば、結果オーライではないでしょうか。

大事なことは経験を積むことと、失敗から学ぶこと。決してクヨクヨすることではありません。

ハウスクリーニングとレンタル収納スペースは、少額の投資で大きなリターンを得ることができます。ぜひ、検討して下さい。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-内覧

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.