広告

物件をアピール!不動産広告の種類

更新日:

マンションを売り出したら、物件は正しく広告されなければなりません。

ピント外れの広告は、お客様からの反響を得られないばかりでなく、物件の価値をも毀損しかねません。

いわゆる不動産広告と言われるものには、どのような種類があるのでしょうか。不動産広告の種類と効果について紹介します。

不動産広告の種類

  • オープンルームの開催
  • 不動産会社の運営するサイトへの掲載
  • 不動産ポータルサイトへの掲載
  • ポストへの投函チラシ
  • 新聞の折り込みチラシ
  • 店頭の物件情報

オープンルームの開催

土・日・祝日など、売り出したマンションの部屋で「オープンルーム」と呼ばれる現地販売を行うことがあります。とくに新築マンションや、中古でもリノベーション物件に多い販売手法です。

オープンルームを行うメリットは、周辺に住む人に向けた認知度のアップです。沢山のチラシを撒き、多くのインターネット媒体に掲載しても、驚くほどお客様の目に触れないことがあります。オープンルームを開催すれば、同じマンションに住む人はもちろん、近隣に住む人にも物件をアピールすることができます。

一方でデメリットと言えば、オープンルームは空室でないと開催しにくいこと。仲介業者のなかには、居住中のマンションでオープンルームを敢行する強者もありますが、ごく少数に留まります。

オープンルームを行えば、多少の内覧はありますし、買う気はなくともフラッと見に来るお客様があります。しかし、積極的に中古マンションを探している客層ではないので、オープンルームが購入のきっかけとなるケースは(経験上)非常に少ないと言えます。

自社サイトへの物件掲載

不動産営業は「インターネットに載せますよ!」と売主に約束します。しかし、そのインターネットの掲載先が大いに問題で、お部屋探しをする人が簡単に閲覧できるページではない場合には、まったく反響を期待できません。

わざわざ、◯◯不動産というサイトに掲載された物件を見る人がどれだけいますか?

リアル店舗に例えると、人里離れた路面店にポツンと出店しているイメージです。もっと人の集まる、駅前の一等地や、大型ショッピングモールに出店しているほうが、より多くのお客様に見つけてもらえるのは自明の理でしょう。

「インターネットに掲載する」と言うだけで喜んでしまう売主は注意が必要です。

  • 具体的にどんなサイトに掲載されるのか?
  • 一日の閲覧数(ページビュー)は何件あるサイトか?
  • どう検索すれば、そのサイトに辿り着くのか?

しっかり担当営業に聞き取りをして、広告の効果を疑ってかかったほうが賢明です。

不動産ポータルサイトへの掲載

不動産会社が自前で運営するサイトに比べて、多くのアクセスが見込めるのが不動産ポータルサイト。中古マンションを購入したい人が、物件探しのために閲覧するサイトなので、購入意欲の高い客層に情報が届くメリットがあります。

主な不動産ポータルサイト

  • HOME4U
  • SUUMO
  • アットホーム
  • ホームズ
  • Yahoo不動産

これらの不動産ポータルサイトに掲載することは、リアル店舗にたとえた場合、人通りの多い一等地のお店や、人気の店舗に商品を陳列するのと同じ効果が得られます。

不動産ポータルサイトは、物件掲載をする不動産会社から広告収入を得ています。売買仲介に力を入れている不動産会社は、例外なく複数のポータルサイトに登録・掲載して。売主・買主の両方を獲得する機会を最大化させます。

残念なのは、賃貸仲介・賃貸管理がメイン業務の不動産会社が、片手間に売買仲介業をしているケースでしょう。良い人材(営業マン)も在籍しないので、大した売り上げもなく、コストもかけられないのでポータルサイトへの掲載をしないことがあります。

不動産ポータルサイトに掲載するか、しないのかは、その会社の経営方針となるので、その会社の営業に尋ねてみないと分かりません。媒介契約を締結する前に、必ず質問しましょう。

ちなみに、ポータルサイトへの掲載費用について、売主は一円も支払う必要がありませんので、ご安心ください。

ポストへの投函チラシ

これまで、多量の不動産関連チラシがポストに投函されてイライラしていたのに、マンション売却を検討しはじめた途端にチラシを眺めたり保管したりしていませんか?

  • 売却物件を探しています
  • このエリアの販売実績NO.1です
  • 75平米・2LDKを4000万円で探しているお客様がいます

このような、売却物件を募るチラシは途切れることがありません。

インターネットで物件を探す時代に、なぜチラシ?
こんな疑問を持つ方は多いでしょう。ポスティングのチラシが失くならない理由は、投函チラシに一定の効果が得られるからにほかなりません。

インターネット広告は、薄く・広く、効果が期待できます。
投函チラシの場合は、狭く・濃い、広告効果です。

不動産広告は、近隣に住む人にアピールするのが効果的で、実際に買主となる人は物件から半径1キロ圏内に住んでいることが多いのです。

新聞の折り込みチラシ

投函チラシより、少し広範囲に広告したい場合には、新聞の折り込み広告を行います。

近年、新聞をとらない世帯も増加して、広告効果を疑問視する声もあります。
ただし、出稿費用も安くなっているので魅力的な媒体とも言えます。

印刷物を新聞の販売店に持ち込めば、一気に数千世帯の家庭に入り込む事ができます。
ポスティング・チラシの多くがポストからゴミ箱に直行するのに比べ、折り込みチラシでは、各家庭の食卓まで辿り着くことができると言われています。

折り込みチラシがよく使われるのが、オープンルーム開催の告知チラシ。週末のオープンルームに是が非でもお客様を呼びたいときに利用しています。

店頭の物件情報

不動産会社のガラス面にペタペタと貼られた物件情報のこと。レインズに掲載された他社の物件情報も多く「マイソク」と呼ばれることもあります。

広告の効果は、ハッキリ言って期待できません。
ガラス面に近寄って眺めていたら、営業されるのではないかと、あまり近寄る人はいません。

まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

不動産会社のマーケティングや広告戦略は、たいてい恐ろしくお粗末なものです。(ソニー不動産を除く)

広告専門の部署があるかと思われがちですが、多くの不動産会社では、ワードやエクセルなどの(普通のソフトで)物件担当営業がコツコツ広告をつくっています。

当然、広告の出来栄えにも大きく影響が出て、チラシを上手く作れる営業と、そうでない営業では、営業成績に差が出ます。

不動産売買仲介の営業経験が長いものほど、対面営業に自信を深めていく一方で物件広告を軽視しがちです。

ソニー不動産では、専任のデザイナーが物件チラシを作成し、ポータルサイトへの出稿にも積極的です。現在、東京・神奈川・埼玉・千葉の物件しか扱いませんが、このエリアのマンション売却に強い不動産会社のひとつといえます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-広告

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.