不動産売買契約

マンション売却の残金決済・引き渡し、当日の流れ

投稿日:

マンション売却の最終ステージが、残金の決済・物件の引き渡し。

決済と引き渡しは平日の午前中に1~2時間くらいで終わります。決済の場所は、買主の指定する銀行です。利便性の良い駅前の支店が多いので、午前を半休にするだけで大丈夫かもしれません。

決済・引き渡し日が決まったら、売主はすぐに住宅ローン一括返済の手続きをしてください。もし決済日に一括返済ができないと、移転登記ができず大変です。

決済・引き渡し、当日の流れ

  1. 売主の本人確認・書類の確認
  2. 買主の融資実行 → 売主へ残金の振込
  3. 税金・管理費などの精算
  4. 売主から買主へ、領収書の発行
  5. 鍵と書類の引き渡し
  6. 不動産屋に仲介手数料の支払い
  7. 司法書士に報酬の支払い
  8. 売主が住宅ローンを借りていた銀行に移動
  9. 売主の住宅ローン一括返済の手続き
  10. 抵当権抹消登記の書類を受け取り

決済・引渡し日の持ち物

引渡し日の持ち物は、担当営業が指示してくれます。

すでに、担当営業に預けてある書類もあるかと思いますが、念のために必要なものを記します。

登記済権利書または登記識別情報 移転登記に必要
運転免許証またはパスポートなど 引き渡し時、本人確認のため
実印 各種書類に押印
銀行口座の通帳・キャッシュカード 売買代金を振り込むための口座
上記の銀行届出印 ローンの一括返済・振替に必要
住宅ローン一括返済の書類 借り入れしている金融機関に発行を依頼
住民票 登記上の住所と現住所が異なる場合

表中の ◯は絶対に必要な書類、△はできれば揃えたい書類です。

マンション売却で必要な書類

決済・引渡し日の注意点


決済に臨むときは、遅刻と忘れ物は厳禁です。以前、同僚が決済日を完全に忘れ、他のアポを入れていて、私は他人事ながら血の気が引きました。

決済・引き渡し、当日の流れ

  1. 売主の本人確認・書類の確認
  2. 買主の融資実行 → 売主へ残金の振込
  3. 税金・管理費などの精算
  4. 売主から買主へ、領収書の発行
  5. 鍵と書類の引き渡し
  6. 不動産屋に仲介手数料の支払い
  7. 司法書士に報酬の支払い
  8. 売主が住宅ローンを借りていた銀行に移動
  9. 売主の住宅ローン一括返済の手続き
  10. 抵当権抹消登記の書類を受け取り

まとめ

決済・引渡し日は平日に行われることがほとんど。お仕事が忙しくて、なかなか休みが自由に取れない方は、要注意です。

他に心配なことがある場合は、担当営業に早めにご連絡ください。経験豊富な営業ならば、対処法を知っています。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-不動産売買契約

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2019 All Rights Reserved.