基礎知識

マンションの有利かつ確実な3つの売り方

更新日:

マンションの売り方には、買取・仲介・買取保証の3種類があります。

これらマンションの売り方は、一般的に馴染みがなく、不動産売買の業界用語とも言うべきもの。

これからマンションを売却しようとする人は、3つのマンションの売り方の違いを知ることで、不動産屋に振り回されることなく、有利で確実に(おまけに高値で)売ることができます。

ここでは、誤解の多い(買取・仲介・買取保証)3つのマンションの売り方を解説いたします。

買取・仲介の違いと仕組み

買取(買い取り)は、主に不動産会社が、売主から直接、マンションを買い取ります。

不動産会社は、買い取ったマンションをどうするのかと言えば、部屋をリフォーム(リノベーション)して、利益をのせて、一般のお客様に「リフォーム済み物件」として販売します。

買い取ったマンションを、再び販売することから、このような不動産会社のことを再販業者(さいはんぎょうしゃ)と呼びます。

買取 仲介
買主 主に不動産会社(企業) 一般のお客様(個人)
売却金額 相場より安い 相場で売却
売却期間 短い 長い
仲介手数料 かからない かかる(3%+6万円)

(買取・仲介)買主の違い

買主(かいぬし)とは、売却するマンションを購入してくれる、お客様のこと。

前述したように、買取の場合、不動産会社が購入するので、不動産会社が買主となります。

仲介(ちゅうかい)の場合には、一般のお客様が購入します。この場合の不動産会社の役割は、売る人と買う人の中間に入る、いわゆる仲介業務です。

(買取・仲介)売却金額の違い

買取と仲介では、マンションの売り渡し金額に違いが出ます。

仲介では、周辺の売却相場で売ることができます。
一方、買取での売却金額は、再販売業者が利益やリフォーム代を見込むため、売却金額は安くなります。

買い取りをする再販業者は、利益を出すため、できるだけ買取金額を安く抑えようとするためです。買取金額が、どれくらい安くなるのか、気になるところですが、物件や競合の状況によって違うため簡単に言えません。

不動産一括査定では、(希望すれば)買取査定も合わせて査定してくれますので、仲介の査定額と比較してみると良いでしょう。

(買取・仲介)売却期間の違い

一般的な仲介の場合では、いつ、購入希望者があらわれるか分かりません。
一週間で売れることもあれば、2年間売れ残ることもあります。
マンション販売期間の目安としては、3ヶ月~半年が一般的です。

買取の場合には、買取業者さえ見つかれば、即決です。
一週間後には、お金を受け取り引っ越すことも可能です。

いつ売れるかわからない不安を抱えるより、多少安くても、すぐに現金化できる買い取りを選択する売主様は少なくありません。

(買取・仲介)仲介手数料の違い

買取・仲介での大きな違いはマンションの売却費用でしょう。

仲介でマンションを売る場合には、不動産会社に仲介を依頼して(成約すれば)仲介手数料を支払います。

買取では、不動産会社自ら買い取るので、仲介手数料は発生しません。(仲介をしていないので・・)

マンション売却において仲介手数料は大きな出費です。
下の仲介手数料の一覧表をご覧いただくと分かりますが、マンションが3000万円で売れたとき、100万円以上を仲介手数料に差し引かれます。

マンションが、いくらで売れれば、いくら手元に残るのか?
住宅ローンの返済・引越し費用などを考慮して販売価格を決める必要があります。

物件価格 仲介手数料 + 消費税 物件価格 仲介手数料 + 消費税
2000万円  71万2800円 5500万円  184万6800円
2500万円  87万4800円 6000万円 200万8800円
3000万円 103万6800円 6500万円 217万800円
3500万円 119万8800円 7000万円 233万2800円
4000万円 136万800円 7500万円 249万4800円
4500万円 152万2800円 8000万円 265万6800円
5000万円 168万4800円 8500万円 281万8800円

買取保証とは?

  • すぐに売れる買取は魅力、でも安くなるのは・・・。
  • 仲介でなるべく高く売って、ダメだったら買取にしたい!

こんな売主のワガママな欲求を満たしてくれるのが買取保証です。

下の画像は、ホームズの査定参加企業です。
買取保証をセールスポイントにしている不動産会社は多いです。

買取保証

買取保証

  • まず、仲介で高めに売り出す
  • 仲介の期間中、値下げもできる
  • 一定期間内に仲介で売れなかったら買い取り

たとえば、
売却相場:4000万円
買取保証額:3400万円

のマンションを買取保証付き仲介で依頼するとき。

4000万円で売り出して、すぐに売れれば、売主さんはホクホクですね。
仲介手数料は136万800円なので、ざっくり3864万円が手元に残ります。

しかし、問題なのは、なかなか売れなかった時・・・。
3800万円に値下げすると、仲介手数料が129.6万円、手残りが3670万円です。

さらに200万円値下げすると、
3600万円で売却、仲介手数料123万円、手残り3477万円。

買取保証でも仲介手数料はかからないので、手残り金額を比較すると、買取・仲介の違いがあまりなくなってきます。

【まとめ】買取保証は合理的なマンションの売り方

マンションは、あなたの大切な資産。
「買取」「仲介」「買取保証」あなたが有利な売却方法を選ぶことができます。

買取保証は、「転ばぬ先の杖」と言っていいでしょう。
売れなかった場合の安心を先に買うことができます。

合理的で有利な売り方が「仲介と買取のイイトコドリ」した買取保証

買取保証なら保険をかけたうえで高値にチャレンジ!

買取保証つき仲介は、こんな人にピッタリです。

  • 売却の期限が決まっている
  • 期限内に高値売却を実現したい

不動産一括査定で、買取保証サービスのある不動産会社を簡単に見つけられて。
おまけに、買取額を比較することができます。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

街の不動産屋は、売却依頼をもらうまでは、とっても丁寧で誠実そう・・・ しかし、媒介契約を締結(売却の依頼)した途端に、横暴な態度に豹変する営業も、少なくありません

コンプライアンス遵守と企業イメージを大切にする「大手不動産会社」なら安心
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • 大手を選べるから、しつこい営業行為がない
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる
  • 高く売れる会社と理由がわかる
  • すまいValue 公式ページ

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産 公式ページ

-基礎知識

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.