査定

買取保証の比較ができる大手不動産会社5選

更新日:

  • なるべく高く売りたい
  • 早く売れないと困る

家を売りたい、多くの人が抱えている願いですが、
高く売る・早く売る、この2つは二律背反、いわゆるトレードオフ関係。

高く売りたければ、高く買ってくれる人を待たなければならない。(仲介)
早く売りたければ、購入希望額まで安くしなくてはならない。(買取)

2つの矛盾する売主の願いを叶えるのが買取保証(不動産会社によっては売却保証とも)
ここでは、買取保証の特徴・注意点、不動産会社ごとの条件をまとめて紹介します。

買取保証の特徴と注意点

まずは、買取保証の特徴を解説します。

買取保証とは?

相場通りに仲介で売り出し、期間内に売却できなければ買い取ってもらえるのが買取保証。

買取保証の契約をせずに、仲介で半年売れなかった物件を買い取りしてもらうと「売りにくい物件だから」と買取額が安くなりがち。

買取保証では、最終的な買取金額を事前に決め、保険をかけた上で高値売却を目指すことができるのが特徴です。

買取保証のポイントは、期間内で可能な限り高値売却を目指すことにあります。

仮に、買取保証額が2500万円、仲介の売り出し価格が3000万円の物件があったとします。

一般的な仲介では、3000万円で販売したあと、売れなかったときに2500万円で買い取りを検討します。

しかし、買取保証付き仲介では、保証期間内に3000万円 → 2900万円 → 2800万円・・といったように段階的に値下げします。
これは、3000万円ではお客様がいなくても、2850万円や2800万円ならば購入するお客様がいるかも知れないから。

不動産会社にも、(期間内で)確実に売れる金額は分かりません。
分からないから、段階的に値下げして、購入希望者に判断してもらうのが合理的だからです。

つぎに、買取保証の注意点をまとめます。

買取保証の注意点

  • 一社しか選べない(専任媒介契約が必須)
  • 買取り期限が決まっている(3ヶ月~1年)
  • 40平米未満のマンションなどはNG

不動産会社ごとの条件比較を参照

買取保証のメリット・デメリット

買取保証のメリットは、一定期間内で、より高い売却価格を目指せることに尽きます。
期間内で売れなくても大丈夫。買取保証金額で買い取ってもらうことができます。

売却期間が決まっていれば、住み替え先の資金繰りも調整できます。
お子さんの転校時期を新年度に合わせることも可能です。

また、離婚による財産分与・相続による現金化・転勤による住み替えなど、急いで売却する必要がある人にピッタリのサービスです。

メリット デメリット
家が売れ残る心配がない 専任媒介が必須で一社しか選べない
住み替えのスケジュールが立てられる 買取保証額を比較してからでないとリスク
期間限定で高値売却にチャレンジできる 買取保証がない不動産会社も多い

買取保証は、売れなかった場合のリスクを不動産会社が背負うサービスなので、売主には、あまりデメリットがありません。

あえて言えば、買取保証を契約できる不動産会社が一社に限定されること。
最初に、複数の不動産会社の買取保証額を比較して、高い買取り額の会社と契約することでリスクを回避できます。

買取保証、不動産会社ごとの条件比較

買取保証は、すべての不動産会社が、行っているわけではありません。
買取ができる潤沢な資金力と、仲介で販売する実力の両輪がそろっていないと成立しません。

買取保証には、不動産会社ごとに物件の基準や条件があります。

リハウス リバブル 住友 小田急 野村
媒介種類 専属 専属・専任 専属 専属 専属
仲介期間 3ヶ月 3~6ヶ月 3ヶ月 1年 1年
買換の融資 あり あり あり
マンション 40㎡~
新耐震基準
30㎡~
築30年以内
40㎡~
新耐震基準
30㎡~
新耐震基準
30㎡~
新耐震基準
一戸建て 40㎡以上 40㎡以上
築30年以内
40㎡以上 40㎡以上 40㎡以上
土地 40㎡以上 40㎡以上 40㎡以上 40㎡以上 40㎡以上

 

買取保証額を比較できる すまいValue

売主にリスクのない買取保証。
せっかくですから、より保証額の高い不動産会社を比較したいですね。

不動産一括査定のすまいValueならば提携する6社のうち5社が、買取保証サービスを実施しています。

すまいValueに参加している大手6社

取扱高
(2018年3月)
仲介件数
(2018年3月)
手数料収入
(2018年3月)
店舗数
三井のリハウス 1位
1兆5680億円
1位
40,658件
1位
800億円
281店
東急リバブル 2位
1兆3155億円
4位
24,410件
3位
548億円
174店
住友不動産販売 3位
1兆2575億円
2位
37,058件
2位
663億円
266店
野村の仲介 4位
8007億円
6位
8,561件
4位
316億円
83店
三菱地所リアルエステート 2343億円 1,162件 96億円 9店
小田急不動産 481億円 1,349件 21億円 20店
※取扱高とは・・・売買の仲介をした物件価格の総額。3億円のマンションを仲介なら3億円。
※手数料収入・・・売買仲介で発生した仲介手数料の総額。3億円のマンションを仲介(片手)ならば約900万円。
※仲介件数・・・・売買の仲介のみでカウント(賃貸は含まず)。両手取引の場合は1件でカウント。

買取保証で買取金額を比較する方法

買取保証付き仲介は、最終的に買い取ってもらえる金額を事前に知ることができます。

複数の不動産会社に、買取保証の買取額を合わせて査定してもらうことで、比較が簡単にできます。

すまいValueのコメント欄に買取保証額について記載

買取保証額を比較するため、一般仲介の査定金額に加えて、買取保証金額も査定してもらいます。
すまいValueの申し込み欄の、ご要望・その他の連絡事項、という項目に記載しましょう。

【記載例】
買取保証付き仲介を検討しています。
買取保証金額もあわせて、査定してください。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-査定

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.