媒介種類の選び方

専任媒介と一般媒介の違い|どっちが有利にマンション売却?

投稿日:

マンションを売却する際、いきなり迷う場面があるでしょう。
それが、不動産会社に販売を依頼する「媒介契約の種類」です。

媒介契約の種類は、専属専任媒介・専任媒介・一般媒介の3種類があります。

  • 不動産会社は「専任媒介でなければ売れない」と言う
  • 「一般媒介のほうが高く売れる・早く売れる」と聞いた
  • 「一般媒介のほうが売主にとっては有利だ」と聞いた

専任媒介と一般媒介の違いをハッキリとさせて。
マンション売却には、どちらの媒介契約が有利なのかを解説していきます。

専任媒介と一般媒介の違いを一覧表示

はじめに、専属専任媒介と専任媒介には大きな違いがありません。(知人など)買い主を自分で見つけて取引できるかどうかの違いで、ほかはレインズへの登録日数と不動産屋からの報告頻度の違いです。

専任媒介(専属専任を含む)と一般媒介には違いがあります。
一般媒介は、何社でも好きなだけ不動産会社に販売を依頼することができるのに対して。
専任媒介では、販売を依頼する不動産会社は、たった一社だけしか選べません。

専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
売り出す不動産屋 1社のみ 1社のみ 何社でも
売主が買主を見つける できない できる できる
売却状況の報告 必ず状況を報告
1週間に1回以上
必ず状況を報告
2週間に1回以上
報告義務なし
(売主が訊けばOK)
レインズへ登録 必ず登録
(5日以内)
必ず登録
(7日以内)
登録義務なし
(頼めば登録)
宣伝広告費 多い 多い 一社あたりは少ない
囲い込みの心配 あり あり なし

専任媒介と一般媒介では、仲介手数料が違うのでは?
これは、ときおり売主様に質問されます。仲介手数料は専任・一般で違いはありません。

一般媒介は複数社に依頼することから、手数料が多くかかるのではと心配されるのかもしれません。何社に販売を依頼しても、お客様を連れてきて、売買契約を仲介した一社にだけ仲介手数料を支払えばすみます。

媒介契約を締結する不動産会社は、成功報酬になっているのです。

専任媒介・一般媒介の違い

  • 専任媒介は、たった一つの不動産会社しか選べない
  • 一般媒介は、何社でも不動産会社と契約することができる
  • 専任媒介は、不動産会社に主導権がある
  • 一般媒介では、売主が主体的に行動する
  • 専任媒介は不動産会社が有利な契約

    不動産会社の営業さんが「専任媒介でなければ売れませんよ」としきりに専任媒介を勧めるのは、不動産会社にとって都合の良い契約だから。

    不動産会社は、専任媒介さえ締結できれば、他の不動産会社に邪魔されることなく、のんびり営業しても、間違いなく売買契約にこぎつけることができます。

    媒介種類の切り替え実例

    • 専任媒介 → 一般媒介へ切り替え・・・よくある
    • 一般媒介 → 専任媒介へ切り替え・・・見たことがない

    「売れないから」と専任媒介から一般媒介に切り替えられることは、たまに起こります。
    しかし、長く売買仲介の現場にいますが、一般媒介から専任媒介に切り替えられた売主さんには会ったことがありませんし、他社の話でも聞きません。

    迷いなく専任媒介を選ぶとき

    • 担当者が優秀で相性も良い
    • この担当者なら絶対売れると確信
    • 買取保証つき仲介で売却したい

    買取保証付き仲介については以下で紹介しています

    マンションの有利かつ確実な3つの売り方

    専属専任・専任媒介のメリット・デメリット

    マンション売却には一般媒介

    不動産会社には、その会社ごとに「条件のあう物件が出たら連絡して」という顧客がいます。

    マンションを売りだす前に、どの不動産会社に自分のマンションを待ち望んでいる顧客がいるのかが分かれば、悩む必要がありませんね。

    どこにお客様がいるのか分からないのに、最初からたった一社に絞り込む専任媒介は、自らチャンスを潰しているように思います。

    例えば、あなたが野菜の生産者だったとして、
    採れたキュウリを、一つのスーパーだけでしか売ってはいけないとしたら窮屈に感じませんか?

    • スーパーマーケットにも
    • コンビニエンスストアでも
    • 通販のアマゾンや楽天にだって

    販売して欲しいというのが本音ではないでしょうか?

    不動産会社は、専任媒介が欲しいので、さんざん脅かします。
    しかし、一般媒介は売主が不動産会社と対等に付き合える契約で、売主に残されている大切な権利です。

    一般媒介のメリット・デメリット

    【まとめ】専任媒介・一般媒介が向いている人

    専属専任
    専任媒介
    一般媒介
    一戸建ての売却 向いている やや向いていない
    マンションの売却 やや向いていない 向いている
    急いで売却 向いていない 向いている
    高く売却 やや向いていない 向いている
    忙しい売主 任せっきりOK 向いていない
    サイト運営者

    • 不動産業界の古い商習慣
    • 会社の不利益になること
    • 自分と家族の生活のため

    サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
    しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


    【一括査定を避けたい営業】

    不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

    しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

    とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


    ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

    目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

    大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

    • 三井のリハウス
    • 東急リバブル
    • 住友不動産販売
    • 野村の仲介
    • 三菱地所ハウスネット
    • 小田急不動産
    すまいValue 不動産査定のメリット
    • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
    • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
    • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
    • 訪問されない「机上査定」も選べる
    • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

    準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

    2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
    提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

    日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
    • NTTデータグループが運営するサイト
    • 個人情報の管理が徹底
    • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
    • しつこい営業・強引が勧誘がない

    東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

    あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
    • 一万円でも高く売りたい売主
    • 一万円でも安く買いたい買主
    利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
    ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

    唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
    東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

    -媒介種類の選び方

    Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.