価格

マンションの売却相場を調べる方法

更新日:

マンションを売りたいけど、いったいいくらで売れるんだろう?

不動産会社が投函するチラシを見てもピンときません。

マンション相場を知らずに売り出すと最悪。悪徳不動産屋に安く売却されたり、住宅ローンの返済ができず別の借金を背負ったりと、安心してマンションを売り出すことすらできません。

相場を不動産屋に聞きにいきますか?

でも、ちょっと怖い気もするし、なにより面倒くさいですね。
ここでは、さっくり簡単にマンション相場を調べる方法をご紹介します。

事前にマンション相場を掴んでおけば、悪徳不動産屋に騙されることがありません。そればかりか「かなり勉強されている売主さんだな」と、対応する営業の背筋も伸びることでしょう。

細かい成約事例やデータ(数字)を知る必要はありません。ぜひ、不動産屋に会うまえに大掴みのマンション相場だけは知っておきましょう。

住宅ローンの残っているマンションも売却できます

マンションの相場をネットで調べる

マンション売却のプロである不動産会社が、中古の流通相場を調べるために利用しているのはインターネット上の物件データベース「レインズ(REINS)」。レインズでは過去の不動産取引の成約金額が分かるばかりでなく、いま現在、どんな物件が、いくらで売り出されているのかを知ることができます。

ただ、レインズは不動産会社が物件登録し、不動産会社だけが閲覧できるサイト。一般ユーザーはレインズを閲覧することが出来ません。

レインズのように一つのサイトで、過去の成約金額・現在の売出し物件、両方を調べることができなくても、複数のサイトを閲覧することで、どちらの情報も入手することが可能です。マンション相場を知るために便利なサイトを活用しましょう。

マンション相場を調べるサイト

  • 過去の取り引き金額を知る → 土地総合情報システム
  • 過去の取り引き平米単価 → レインズ マーケット インフォメーション
  • 現在、売り出し中の物件情報 → SUUMO(スーモ)・HOME4U

 

過去の成約価格が分かる「土地総合情報システム」

国土交通省が提供するサービス「土地総合情報システム」は土地だけでなく中古マンションや一戸建てなどの建物の成約データも集積しています。

ポイントは実際に成約した価格が分かること。

ちなみに国土交通省は全国の不動産会社を管轄する省庁です。
国土交通省「土地総合情報システム」

国土交通省「土地総合情報システム」

過去の成約価格から相場を知る

  1. 取り引き(成約)時期を選ぶ
  2. 不動産の種類を選ぶ
  3. 地域(所在地)を選ぶ

基本的には、上記の3つを選択すれば、取引価格が表示される仕組み。
このサイトで表示される取引価格とは、売り出され・値下げしたりした後の、最終的にマンションを引き渡した金額です。

サイトの構成もとてもわかり易く、直感的に操作できるのが魅力です。

土地総合情報システムでマンション相場を知る

個人的にマンション相場を調べるのは「土地総合情報システム」が最も便利に使えると考えます。成約価格がズバリ表示されること、直近の2年間のデータが分かる、サイトが直感的に操作できる構成になっていることが理由です。

 

平米単価が分かる「レインズマーケットインフォメーション」

レインズマーケットインフォメーションは、過去に成約したマンションの平米単価を調べることができます。

レインズマーケットインフォメーション

レインズマーケットインフォメーション

平米単価を知る

  1. マンションから
  2. 都道府県を選択
  3. 地域を選択
  4. 検索するボタン
  5. 注意文 → OK
  6. 追加条件を選択 → 検索

レインズマーケットインフォメーション

 

suumoで売り出し中の物件を調べる

リクルートグループが運営する不動産情報ポータルサイトのSUUMO(スーモ)。
ポイントは、現在売り出している物件を調べることができます。

SUUMO関東版
suumo

売り出し中の物件から相場を読み解く

  1. 住所で絞り込み
  2. さらに条件で絞り込む

SUUMOは、中古マンションを購入したい人が閲覧するサイト。現在、売り出しているマンションを知ることができます。
注意しなければならないことは、成約前に多少の値引きが発生したり、高い価格設定で長期的に売れ残っている物件も掲載し続けられていることです。

スーモの物件情報

スーモで注意することは、掲載されている価格が「売りたい価格」であって「売れる価格」とは違うこと。

掲載価格がマンション相場とは必ずしもイコールではありません。

値下げ交渉の余地を残すために高めに売り出すことは、マンション売却の定石です。また、住宅ローンが多く残っている場合など「下げたくても下げられない理由」の物件も掲載されています。

 

HOME4Uで売り出し中の物件を調べる

HOME4Uは運営がNTTデータスマートソーシング。不動産ポータルのなかでも古くから情報を提供している老舗サイトの一つです。

HOME4Uの掲載物件は、現在売出し中の物件で、最終的な成約価格ではありません。相場感を掴むには十分だといえます。

売り出し中の物件が閲覧できる点でSUUMOとの違いはありません。ただし、HOME4U・SUUMOの両方に掲載されている物件もありますが、どちらか一方にしか掲載されない物件もあります。マンションの売出相場を知る意味では両方のサイトを確認しておく必要があると考えます。

HOME4U(ホームフォーユー)中古住宅

HOME4Uのトップ画面

売り出し中の物件で相場を読む

  1. 都道府県を選択
  2. マンションを選択
  3. 面積で比較・間取りで比較を選択
  4. 一覧表示から詳細を確認

条件を絞り込んでいくと、その条件下での平均価格を表示してくれるので、大掴みの数字を得るのに便利です。また、個別の物件詳細を確認することもできる機能が備わっています。

HOME4Uの検索画面

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

まとめ

マンション相場を調べるサイト

  • 過去の取り引き金額を知る → 土地総合情報システム
  • 過去の取り引き平米単価 → レインズ マーケット インフォメーション
  • 現在、売り出し中の物件情報 → SUUMO(スーモ)・HOME4U

レインズが見れなくても、紹介した複数のサイトを利用することで、マンションの相場を知ることができます。

不動産屋に会うまえに、一定の相場感があれば、おかしな説明をする不動産屋の矛盾点に気づくことができます。(いい加減な不動産営業が多いので注意して下さい。)

ひと昔前であれば、不動産屋と個人の売主のあいだで、情報量に大きな差がありました。この情報量ギャップが、不動産屋が横柄な態度をとったり、売主を騙して値下げさせたりする原因になっていました。

現在では、しっかり調べれば、正しいマンションの相場情報を得ることが出来ます。不動産取引で損をさせられることがないように、これらのサイトを利用されることをおすすめいたします。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

街の不動産屋は、売却依頼をもらうまでは、とっても丁寧で誠実そう・・・ しかし、媒介契約を締結(売却の依頼)した途端に、横暴な態度に豹変する営業も、少なくありません

コンプライアンス遵守と企業イメージを大切にする「大手不動産会社」なら安心
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • 大手を選べるから、しつこい営業行為がない
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる
  • 高く売れる会社と理由がわかる
  • すまいValue 公式ページ

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産 公式ページ

-価格

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.