スラブの厚み180ミリは遮音性能の目安、パンフレットがない場合の調べ方

スラブとは、鉄筋コンクリート造(RC造)の建築物で、床の荷重を支える構造床のこと。
スラブの語源は、平板や石板(英語:slab)のことをいいます。

マンションにおけるスラブは、床および天井の、鉄筋コンクリート製の平たい板であることから床スラブとも呼ばれます。

スラブには音を通しにくい性質(遮音性能)があり、
スラブ厚(数値)が高いほど遮音性能が良く、薄いスラブ厚では生活音が気になることもあります。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue
  • 査定は超大手6社だけ
  • 業界の1・2・3位まとめて査定
  • 売却サポート・フォローがVIP待遇
  • 大手なら個人情報の取り扱いも安心
  • すぐ売らない!査定だけでもOK!
  • 住宅ローンが残っていても大丈夫!
  • 査定額を無料で比較【すまいValue】

遮音性に優れたスラブ厚の目安

お子さんがいる家庭なら、階下の部屋に迷惑がかからないかと心配されます。

遮音性の目安になるスラブ厚は、180mm(18センチ)以上とされています。

(古い)公団のマンションは、薄いスラブ厚で建築され、遮音性が不足していました。
当時の公団マンションが、スラブに床材を直貼りしていたことも問題だったようです。

現在の分譲マンションでは、スラブ厚は180mm以上が多く、生活音で気になることは少ないと言えます。

マンションのスラブ厚の調べ方

設計図書でスラブ厚を調べる
分譲マンションでは、スラブの厚みを新築時のパンフレットなどで確認できます。

パンフレットに記載がない場合、もしくは新築時のパンフレットが見当たらない場合には、竣工図面か設計図書でスラブ厚を調べます。

大規模なマンションでは、管理組合が保有し、防災センターなどで保管しています。

もし、管理組合にもない場合には、新築時の売主(企業)もしくは設計事務所に問い合わせるのが良いでしょう。

問題になった構造計算の偽装事件以降、建築書類の保存が厳しくなりました。

  • 建築業法:竣工図の保存期間10年
  • 建築士法:設計図書の保存期間15年
  • 建築基準法:確認申請書等の保存期間15年
大手と地元、エース営業が査定するHOME4U
  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

あります! → 【HOME4U】
 
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

コラム
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました