「掃き出し窓」ってナニ?普通の窓と違うの?

掃き出し窓
掃き出し窓とは、下端が床と同じ高さになっている窓。

イメージとして、リビングの大きな窓が「掃き出し窓」です。
庭やバルコニーに出入りができる大きさで、以前は室内のごみを外部に掃き出すための窓だった。

「掃き出し窓」は英語でも”Sweep Window”と同じ意味を指します。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue
  • 査定は超大手6社だけ
  • 業界の1・2・3位まとめて査定
  • 売却サポート・フォローがVIP待遇
  • 大手なら個人情報の取り扱いも安心
  • すぐ売らない!査定だけでもOK!
  • 住宅ローンが残っていても大丈夫!
  • 査定額を無料で比較【すまいValue】

掃き出し窓と腰窓との違い

腰窓

掃き出し窓と違い、床と窓に高低差があるのが「腰窓」。
腰くらいの高さの窓といった意味なのでしょう。

腰窓は子供部屋などに設計されることが多い窓。
一戸建てでは2階の居室に使います。

腰窓は転落防止に一定の役割があるのが特徴です。
2階の子供部屋が(バルコニーもなく)掃き出し窓になっていたら恐怖しかありません。

転落の不安がないリビングなどは、掃き出し窓を設置して大きな採光面とするのが一般的です。

保温効果が下がる「掃き出し窓」

よく「マンションは一戸建てに比べて暖かい」と言われます。

これは鉄筋コンクリート造による保温効果もありますが、一戸建てに比べてマンションの窓が少ないことも影響しています。

壁と比較して窓には断熱効果が低く、熱を逃がしやすくなっています。

当然、小さな腰窓より、大きな掃き出し窓のほうが保温効果が下がることが分かります。

2重サッシにするなど熱を逃がさない工夫で掃き出し窓のデメリットを克服することができます。

2重サッシは、防犯にも一定の効果が期待できるので、ご検討ください。

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U
  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

あります! → 【HOME4U】
 
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

コラム
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました