マンション売却中のキャンセル!売主都合と買主都合での対処法

マンション売却で、起こってほしくないトラブルがキャンセル。しかし、買主からのキャンセルだけでなく、売主自身が売買契約をキャンセルしなければならないこともあります。

  • 家族・親族に猛烈に反対された
  • 身内の病気や怪我などで転居できなくなった
  • 買い替え予定の物件にトラブルが発生した

不動産売買契約でのキャンセルの取り扱いは、どうなっているのか?
また、キャンセルを申し出るタイミングで賠償額が変わる。

今回は、買主都合・売主都合でのマンション売買契約のキャンセル方法と対処法を紹介します。

売買契約前は、無傷でキャンセルOK!

売り出したマンションに、「買い付け」と呼ばれる購入申し込みが入ると、売主としては嬉しい限りでしょう。

しかし、不動産売買契約を締結するまでは、いつでもキャンセルすることができます。キャンセルは、買主に限ったことではなく、売主もキャンセルを申し出ることができます。

キャンセルに伴うペナルティーはありません。「スミマセンでした」と謝るだけで、売主も買主も「売買契約の予定を取りやめる」ことができます。

買い付けに法的拘束力はなく、売買契約が成立するまでは、口約束に似たフワフワした状態です。引っ越しの手配も、買い替え物件の申し込みも控えたほうが無難です。

契約締結後~手付解除期日までのキャンセル

不動産売買契約が締結されると、いよいよ簡単にはキャンセルができなくなります。万が一、キャンセルをする(キャンセルされる)場合には、ペナルティーが課せられます。

手付解除期日までは、売買契約時に買主から受け取った「手付金」がペナルティーに相当します。

なお、手付解除期日は売買契約から約1ヶ月後に設定されるのが一般的です。設定された手付解除期日は不動産売買契約書に、しっかりと記載されます。

売買契約の手付金は物件価格の3~5%
売り出したマンションに買い付け(購入の申し込み)が入ると、次のステップは不動産売買契約になります。 売買契約時には、買主から売主に手付金が支払われます。手付金額については、購入申込書に記載されている場合が多く、売買契約前に手付の金額を...

買主の特権「住宅ローン特約」は白紙解除

キャンセルとは違いますが、買主が一方的に売買契約を白紙解除できるのが「住宅ローン特約(融資利用の特約)」です。

住宅ローン特約とは、売買契約を締結したものの、買主の住宅ローン審査が通らず、融資が受けられない場合の救済措置です。当然、住宅ローン特約は買主しか使うことができません。

住宅ローン特約の特徴

  • 融資が受けられない場合に利用
  • 契約を解除することができる
  • 手付金は返還・違約金もなし
  • ただし融資承認取得期日までに限定される

売買契約後のキャンセル

買主都合のキャンセル

不動産売買契約締結~手付解除期日までは、契約のキャンセルを申し出ることができます。

買主都合のキャンセルによるペナルティーは「手付金」です。
不動産業界では「手付流し」と呼ばれます。

買主が契約を解除する場合には、売り主に売買契約締結時に支払った「手付金」を放棄して解除します。

売主都合のキャンセル

不動産売買契約締結~手付解除期日までは、買主だけでなく、売主も契約のキャンセルを申し出ることができます。

契約解除によるペナルティーはやっぱり「手付金相当額」です。
不動産業界では「手付倍返し」と呼ばれます。

売り主が解除する場合には、売買契約締結時に受け取った「手付金」を買い主に返して、そのうえで手付金と同額を支払わなければなりません。

手付解除期日を過ぎたら、違約金を支払ってキャンセル

手付解除期日を過ぎたら、ほぼキャンセルされることはありません。引き渡し前日に、キャンセルされたり、逆にキャンセルしなければならない事情が起こらないとも限りません。

不動産売買契約書では、「契約違反による解除・違約金」という条項が、それに該当します。

違約金の金額は、売買代金の20%が一般的(契約書に記載されます)。
4000万円でマンションを契約した場合の違約金は800万円です。

まとめ

マンション売却売却価格売却期間対応と手続き
得意な業者高く売れる短いスムーズ
不得意な業者安くしか売れない長いトラブル

売買契約後はペナルティーがあるため、キャンセルが難しくなります。

とはいえ、住宅ローン特約によるキャンセルも可能性としてあるので、契約時に受領した手付金は、使わずに残しておくことをオススメします。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

すまいValue 不動産査定のメリット

  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

不動産売買契約
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました