売買契約の手付金は物件価格の3~5%

売り出したマンションに買い付け(購入の申し込み)が入ると、次のステップは不動産売買契約になります。

売買契約時には、買主から売主に手付金が支払われます。手付金額については、購入申込書に記載されている場合が多く、売買契約前に手付の金額を知ることができます。

一定以上の実務経験がある営業が担当している場合には、手付金の領収書も用意してくれますし、手付金を受領する意味も教えてくれるので、ご安心ください。

今回は、不動産売買契約における手付金について紹介します。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue
  • 査定は超大手6社だけ
  • 業界の1・2・3位まとめて査定
  • 売却サポート・フォローがVIP待遇
  • 大手なら個人情報の取り扱いも安心
  • すぐ売らない!査定だけでもOK!
  • 住宅ローンが残っていても大丈夫!
  • 査定額を無料で比較【すまいValue】

手付金は売買代金の一部

手付けには、解約手付、証約手付、違約手付、の3種類があって、売主・買主間でかわされる売買契約の内容によって、どの手付けに該当するかの違いがあります。

ただし、一般に中古マンションの売買契約時には、解約手付とされるケースがほとんどです。

手付金は、売買代金の一部と考えられます。(厳密には違うという意見もあります)

3000万円のマンションで、手付金100万円を契約時に受領した場合、引渡し時に支払わる残金は2900万円になります。

手付金額は物件価格の3~5%もしくは100万円

後で詳しく触れますが、
手付金には売買契約を簡単に解除(キャンセル)させない意味合いが含まれます。

手付金額が安いと「やっぱり買うのやめた」と買主にキャンセルされるリスクがあり。
手付金額が高いと「どうしても売れなくなった」と売主がキャンセルしたい場合に困ります。

手付けの金額に決まりはありませんが、おおむね100万円が目安になります。

物件価格2000万円ならば、100万円の手付け金は5%に相当します。
物件価格3000万円では、100万円の手付け金が3%強になります。

4000~5000万円の中古マンションならば、手付金は200万円が妥当です。

マンション売却売却価格売却期間対応と手続き
得意な業者高く売れる短いスムーズ
不得意な業者安くしか売れない長いトラブル

手付金はキャンセルを防止する

売買契約~手付解除期日までは、売買契約の解除ができます。
契約解除のペナルティーが手付金になります。

手付金

買主が契約を解除する場合には、売り主に売買契約締結時に支払った「手付金」を放棄して解除します。

売り主が解除する場合には、売買契約締結時に受け取った「手付金」を買い主に返して、そのうえで手付金と同額を支払わなければなりません

マンション売却中のキャンセル!売主都合と買主都合での対処法
マンション売却で、起こってほしくないトラブルがキャンセル。しかし、買主からのキャンセルだけでなく、売主自身が売買契約をキャンセルしなければならないこともあります。 家族・親族に猛烈に反対された 身内の病気や怪我などで転居でき...

ローン特約は手付金を返還する

手付金がらみで注意したいのは「住宅ローン特約(融資利用の特約)」です。

住宅ローン特約とは、売買契約を締結したものの、買主の住宅ローン審査が通らず、融資が受けられない場合の救済措置です。

住宅ローン特約の特徴

  • 融資が受けられない場合に利用
  • 契約を解除することができる
  • 手付金は買主に返還・違約金もなし
  • 融資承認取得期日までに限定される

買主のローンが通らなかった場合には、契約時に受領した手付金を返さなくてはいけません

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U
  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

あります! → 【HOME4U】
 
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

不動産売買契約
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました