一般媒介契約でレインズに登録してもらう方法

一般媒介の特徴

  • 複数の不動産会社から売り出せる
  • (不動産会社は)レインズへの登録義務がない
  • (不動産会社は)売主へ販売状況の報告義務がない
  • 業者間の競争原理を煽る効果を期待できる
  • 囲い込みの心配が不要

一般媒介は専任媒介に比べて、売り出す不動産会社に縛られることがなく、売主の自由度が格段に高いと以前紹介しました。

しかし、一般媒介でマンションを売り出すデメリットはレインズに登録されないかもしれないという点。

今回は、一般媒介契約でもレインズに登録してもらう方法を紹介します。

一般媒介のメリット・デメリット
マンション売却は、担当する不動産会社・担当する不動産営業で、全てが決まります。 慎重に吟味しても、専任で頼みたい会社・営業が見つからない場合もあるでしょう。すると、選択肢は一般媒介で複数の会社に頼らざるを得ません。 不動産会社と...

媒介契約を締結する前に確認

売り出したい不動産会社が決まったら、営業マンに会って一般媒介契約を締結します。

レインズへの登録をしてもらえるかどうかは、必ず媒介締結前に確認して下さい。媒介を結んだ後でレインズ登録を頼んでも、ウヤムヤにされる恐れがあるからです。

一般媒介でもレインズに登録はできます。登録は無料なので不動産会社の財布も痛みません。でも、レインズ登録を拒む営業もいるんです・・・。

一般物件はレインズ登録できない?

  • 営業所の方針で登録できない
  • 面倒だからレインズに登録したくない
  • 一般ではできないと言えば、専任にするだろうと甘くみている

どうしても登録できないのならば、仕方ありません。とりあえず一般媒介だけは締結して、他の不動産会社にレインズ登録をお願いしましょう。

契約書にレインズ登録を明記する

一般媒介契約では、宅建業者にレインズ登録の義務はありません。つまり、一般物件(一般媒介で依頼を受けた物件)をレインズに登録するかどうかは、不動産会社の自由意志(任意)なんです。

必ず媒介締結前にレインズ登録の確約をとって下さい。でも、それだけでは、しらばっくれるかもしれません。媒介契約の契約事項にレインズ登録を加えるのが最善策です。

一般媒介書への記載例

  • 特約欄(フリースペース)に記入
  • 当該物件をレインズに登録すること
  • 媒介締結日より7日以内にレインズ登録を行うこと
  • 登録後「登録証明書」を速やかに売り主に通知すること
マンション売却売却価格売却期間対応と手続き
得意な業者高く売れる短いスムーズ
不得意な業者安くしか売れない長いトラブル

レインズへの登録を確認する

レインズに登録が済むと「登録証明書」が発行されます。

この登録書には、以下の3点が記載されています。

  • 登録を確認するURL
  • 確認用ID(売り主専用)
  • パスワード(売り主専用)

本当にレインズに登録されたのか、ネットで調べることができます。

レインズ登録の確認方法

まとめ

売却マンションがレインズに登録されれば、遠方の不動産会社からの紹介客も見込むことができます。一般媒介であってもレインズ登録を諦めないで、ここで紹介したとおりに実践されれば登録されます。

専属専任媒介契約専任媒介契約一般媒介契約
売り出す不動産屋1社のみ1社のみ何社でも
売主が買主を見つけるできないできるできる
売却状況の報告必ず状況を報告
1週間に1回以上
必ず状況を報告
2週間に1回以上
報告義務なし
(売主が訊けばOK)
レインズへ登録必ず登録
(5日以内)
必ず登録
(7日以内)
登録義務なし
(頼めば登録)
宣伝広告費多い多い一社あたりは少ない
囲い込みの心配ありありなし

一般媒介は、売主にとって有利な契約形態です。一般媒介のメリットを十分に活かして、マンション売却を成功に導いて下さい。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

すまいValue 不動産査定のメリット

  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。

  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは対応エリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

媒介種類の選び方
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました