査定

訪問査定と机上査定の違い

更新日:

マンション売却の第一歩は、エリアの相場を知るための売却査定でしょう。

自分のマンションがいくらで売れるのか?

売却査定は、エリアのマンションを知り尽くした不動産仲介会社に依頼し。査定依頼を受けた不動産会社は、過去の取引事例を参考にして、売却予想価格を算出します。

さて、このマンション査定には、訪問査定と机上査定の二つの査定方法があります。
訪問査定・机上査定の違いと、それぞれのメリット・デメリットを紹介します。

訪問査定とは?

訪問査定は、不動産会社の査定担当者が、物件(マンション)を実際に見て査定額を算出します。

査定担当が、マンション査定のため訪問する必要があるので「訪問査定」と呼ばれています。

訪問査定のメリット

査定を担当する営業がマンションを内見して、お部屋のコンディションや痛み具合を判断し、その結果を査定額に反映します。

きれいに使っている部屋ほど査定額がアップします。また、分譲時にオプションでつけた設備や、入居後にリフォームした場合などはプラス査定の要因となります。

加えて、訪問査定のメリットは実際にマンションを売っている現役の営業担当に直接相談ができる点でしょう。

マンション売却に詳しい売主はまれで、必ず何らかの疑問点があるはずです。
不動産は個別要因が多いためネットの情報がピッタリと当てはまりにくく、現場の営業に尋ねる事ができるのは、訪問査定の大きなメリットです。

訪問査定のメリット

  • 査定額がアップしやすい
  • 現役の営業に相談できる

訪問査定のデメリット

マンションの壁紙に穴が空いていたり、通風の悪い部屋にカビが生えている場合には、査定額がダウンします。

また、実際に営業担当がマンションに来るため、忙しいのに面倒・掃除が面倒・近所にバレて詮索される恐れ、といった訪問査定のデメリットがあります。

あと、訪問査定では、査定担当にしつこく営業されるのではないか?と心配されるお客様が多くいらっしゃいます。
しかし、大抵の不動産営業は、しつこく営業しても逆効果であることを学習しているので、過度な心配は不要かと考えます。

訪問査定のデメリット

  • 状態によっては査定額がダウンすることも
  • 時間をとるのが面倒
  • しつこい営業が心配

机上査定とは?

パソコンのキーボード
机上査定とは、マンションを実際に見ることなく、机上の計算のみで査定額を算出する方法です。なお、素早く簡易的に行える査定方法であることから「簡易査定」とも呼ばれます。

レインズというマンション売却のデータベースを参照し、近隣の成約データや坪単価(平米単価)から、査定するマンションの査定額を導き出します。(取引事例比較法)

マンションの査定では、戸建てに比べて不動産の個別要因が少ないため、机上査定でも十分に精度の高い査定が可能です。

机上査定のメリット

査定担当の営業に会わなくて済むのが机上査定のメリットでしょう。

会って話を聞いたり、直接査定額を聞く必要が無いため、机上査定の結果はメールで受け取ることもできます。

成約坪単価に専有面積を乗算して査定額を算出するので、早ければ30分で査定額が届くこともあります。

机上査定のメリット

  • 営業の対応をしなくて良い
  • 査定結果をメールや郵送で受けられる
  • 早く査定結果を知ることができる

大掴みの相場を知ることのできる机上査定は、すぐに査定結果が出ることが魅力と申し上げました。しかし、火曜日・水曜日は定休日となっている不動産会社が多く、机上査定の結果も届きません。

月曜の23時に査定依頼をしても、木曜日にならなければ査定が届かないケースもあります。すぐに届くと思い、やきもきしながら査定結果を待つことがないようにと(念のために)記します。

机上査定のデメリット

机上査定は、あくまでも簡易的なマンション査定に過ぎません。個別の事情や、そのタイミングの競合物件の販売状況などが査定額に反映されにくいのが、机上査定のデメリット。

間取り変更などの大掛かりなリフォームをされたお部屋でも、担当者が確認できないのでプラス査定されないのも机上査定のデメリットと言えます。

机上査定のデメリット

  • 近隣の販売状況など詳しい情報は得られない
  • プラス査定がされにくい

まとめ

マンション売却 売却価格 売却期間 対応と手続き
得意な業者 高く売れる 短い スムーズ
不得意な業者 安くしか売れない 長い トラブル

近隣の相場感をつかむためには、手軽に査定額を知ることができる机上査定が便利でしょう。一方で、マンションの売却を真剣に検討されている場合では、訪問査定をお勧めします。

訪問査定のメリットは現役の営業さんに会って、話を聞けること。訪問査定のときに、担当営業の人柄をチェックすることができます。

いざマンションを売り出す場合のパートナー選びに訪問査定は欠かすことができないサービスだと考えます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

不動産一括査定は、家を売る人にとって、査定額・営業の力量を簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとっては、他社と厳しく比較され、安めの価格で囲い込むこともできず、一括査定になんのメリットもありません。

とうぜんお客様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、家を売る人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 住友不動産販売
  • 野村の仲介
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産
すまいValue 不動産査定のメリット
  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

2001年に日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

日本で一番長く続いている一括査定、HOME4Uの信頼の証。
  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主
利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)
ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

-査定

Copyright© マンション売却のはじめ方 , 2018 All Rights Reserved.