地元密着の不動産屋?それとも大手不動産会社に頼むべきか?

大手か地元の中小で悩む

マンション売却は、担当する不動産会社・担当する不動産営業で、全てが決まります。

不動産会社選びは、とても大事。

地元の中小不動産屋と、全国チェーンの大手不動産会社、どちらを選ぶべきですか?

これは、よくお客様からいただく質問です。

売買仲介を生業としている以上、やっていること(仕事)は同じです。
しかし、営業マンと店舗の雰囲気は、たしかに違いがあります。

今回は、地元密着の不動産屋と大手不動産会社の違いとメリット・デメリットを紹介します。

地元密着の中小不動産屋

繰り返しますが、売買仲介の仕事に、大手も中小も違いはありません。ただ、地元密着を謳う地方の不動産屋には特徴があります。

真っ先に思い浮かぶ大手との違いは、顧客リストの質です。大手不動産チェーンの顧客リストが「広く浅く」だとすると、地元不動産屋は「狭く深く」だと言えます。

地元のお客様を相手にする不動産屋は、売買仲介の他に、賃貸仲介業もしています。地方の不動産会社は、この賃貸から持ち家への住み替えパターンで、馴染みのある不動産屋に再来店を促す工夫をこらしています。

また、そこで働く営業マンは地元出身の者が多く、すべからく地元愛を持っています。これから持ち家を持とうと考えている地域を、よく知っていて、熱っぽく語ってくれる営業マンのことを、お客様(買主)は好ましく見ています。

彼らは、地元民の強みを生かして、そこが昔どういう場所だったのか、地元の名店を紹介したり、自治会や町内会に知り合いが多いことをアピールします。

引っ越してくる前に、知り合いができるような安心感を提供できるのが、地元密着を謳い文句にする不動産屋の強みです。

大手の不動産会社

大手不動産会社の顧客リストは、「広く、浅く」だと考えます。

  • ネット上のアンケート
  • ダイレクトメールからの反響
  • 過去に来店されたお客様のデータベース化

これらの手段で取得した、顧客リストは数こそ膨大ですが、肝心の顧客の顔が見えていないことが多く残念です。しかし、各営業所ごとの連携が強化されているため、他の地域からの集客が見込めることは、大手不動産会社の強みと言えるでしょう。

また、社内の教育制度の充実やコンプライアンスの強化が進められているため、法的紛争や不動産取引のトラブル対処に強いと考えます。

一方で、営業一人あたりの担当物件が多く、お客様ひとりひとりにかけられる時間は多くありません。顧客対応も淡白で、手薄に感じることもあるでしょう。

また、営業職の転勤も日常的で、その町をよく知った頃には他所の地域に異動になることも残念です。

最後に、よく取り沙汰される、大手不動産会社による「囲い込み」ですが、これは大手に限ったことではありません。地方の中小不動産屋も「囲い込み」をしますが、売主とべったり密な関係を築いているため、大手以外では問題にならないのではないかと考えます。

マンション売却で心配な”囲い込み”とは?
専任媒介でマンションの売却を依頼したはずの不動産会社は、売主の利益を優先した仲介を心がけているのでしょうか? 専任媒介なのに半年以上売れない お客様は「価格が高すぎる」と言っているらしい 担当営業は「値下げしないと...

まとめ

マンション売却売却価格売却期間対応と手続き
得意な業者高く売れる短いスムーズ
不得意な業者安くしか売れない長いトラブル

大手不動産会社には大手の良さがあり、地元不動産屋には地元密着の良さがあります。

どちらが優れているのかは、ここで決着は出ませんし、現状で両者ともに生き残っているのが、ひとつの答えなのではないでしょうか。

それでも担当営業次第では、売主への対応がまったく違いますし、当然、マンション売却の結果も全然変わってきます。

マンションを高く・早く売りたいならば、不動産会社を厳選し、営業も精査して下さい。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

すまいValue 不動産査定のメリット

  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

準大手~地域密着の不動産会社が査定する HOME4U

日本で初めて一括査定を開始したHOME4U。
提携(査定)する不動産会社を厳選し、悪徳不動産屋を排除し続けて、現在にいたります。

  • NTTデータグループが運営するサイト
  • 個人情報の管理が徹底
  • 評判の悪い悪徳不動産屋を排除
  • しつこい営業・強引が勧誘がない

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

不動産会社選び
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました