不動産会社の売買仲介ランキング【2019】

マンション売却で重要なのがどの不動産会社に売ってもらうか?

「とりあえず大手に任せれば間違いないのでは・・」と考えがちです。
しかし、大手不動産会社と一括りにするのも難しい・・・。

  • いったい不動産会社の大手ってどの会社?
  • 賃貸の実績ではなく、売買仲介の実績で比較したい
  • CMでみかける〇〇と△△、どっちがランキング上位か知りたい

ここでは不動産会社の売買仲介の件数・売り上げ実績ランキング上位15社を紹介します。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue
  • 査定は超大手6社だけ
  • 業界の1・2・3位まとめて査定
  • 売却サポート・フォローがVIP待遇
  • 大手なら個人情報の取り扱いも安心
  • すぐ売らない!査定だけでもOK!
  • 住宅ローンが残っていても大丈夫!
  • 査定額を無料で比較【すまいValue】

不動産会社、仲介実績ランキング15社

不動産関連の企業はとても多い・・・。

しかも、不動産仲介に焦点を当てても、
賃貸の仲介は強いけれど、売買の仲介は全然ダメ!
というように、不動産会社には得意・不得意があります。

あなたのマンション売却の参考になるように
純粋に不動産売買の実力を示すランキング(売上高順)を作成しました。

8項目の統計の中から、中古不動産の売買を扱う「不動産流通」データを参照しています。
賃貸仲介でも、賃貸管理でもない、不動産会社の売買仲介の業績を示すデータです。

あなたが頼みたい不動産会社はありますか?

名称
※数字は2019年3月期
取扱高
(百万円)
仲介件数
(件)
手数料収入
(百万円)
店舗数
三井不動産
リアルティグループ
1,706,84341,53385,008281
住友不動産販売1,326,35737,64369,615270
東急リバブル1,245,53025,57060,149182
野村不動産グループ767,3248,92233,13686
センチュリー21グループ676,48426,78731,132954
三井住友
トラスト不動産
504,2187,93520,65672
三菱UFJ不動産販売414,9295,56917,56748
みずほ不動産販売384,5354,12515,38842
三菱地所
リアルエステート
307,3691,1299,8718
大和ハウスグループ215,9573,5527,00168
大京グループ168,6066,5807,66675
東宝ハウスグループ158,0534,7087,47215
大成有楽不動産
販売グループ
148,4914,0296,39739
住友林業ホームサービス137,3854,2276,46050
スターツグループ
(ピタットハウス)
113,9202,2245,392105
近鉄不動産113,7324,3495,85544
東京建物不動産販売101,1021,0563,54314
出典:公益社団法人 不動産流通推進センター 2019不動産業統計集より

不動産会社の大手に任せるメリット・デメリット

マンション売却を大手不動産会社に依頼をするメリットは、大手企業のスケールメリットを享受できる点にあるでしょう。

不動産会社大手のメリット

  • テレビCMでお馴染みの安心感
  • 業界動向を左右する企業規模(資本力)
  • 対応地域が広い
  • 上場企業が多く決算情報を公開、透明性が高い
  • 社員は宅建士の資格保有率が高い
  • トラブルで頼りになるブランドイメージ
  • コンプライアンス徹底でしつこい営業がない
  • 組織的な研修制度による社員の質向上
  • 買取保証サービス・アフターフォローの充実

大手企業が長い期間育て上げたブランドイメージが全てを物語っています。しつこい営業活動でブランドイメージを毀損することはマイナスですし。万が一の不動産取り引きによるトラブルもブランドイメージを守るために戦ってくれます。

不動産会社大手のデメリット

  • 上から目線の営業社員が多い
  • 自社の買主で両手契約にこだわる
  • 他社の買主を紹介せず囲い込みの心配
  • 評価・評判を気にする社風

不動産会社も大手になるほど両手契約に偏る傾向も見られるのがデメリットと言えるでしょう。大手不動産になるほど、グループ全体での集客活動に自信があります。

ゆえに、他社紹介の「購入希望客」をシャットアウトして、売主・買主ともに自社の集客にこだわってしまいがちです。結果的に大手不動産グループでは両手取り引きを狙った「囲い込み」に走ることがあるので注意が必要です。

マンション売却で心配な”囲い込み”とは?
専任媒介でマンションの売却を依頼したはずの不動産会社は、売主の利益を優先した仲介を心がけているのでしょうか? 専任媒介なのに半年以上売れない お客様は「価格が高すぎる」と言っているらしい 担当営業は「値下げしないと...

大手の査定額を比較できる「すまいValue」

大手の査定額を比較したいときは、どうすればいい?

不動産の一括査定サービスは数多くあります。
しかし、最大手が参加するのは、すまいValueだけ。

すまいValueに参加している、大手不動産会社6社の実力を確認しましょう。
ちなみに、このTOP6社で業界の40%以上のシェアを占めています。

取扱高
(2019年3月)
仲介件数
(2019年3月)
手数料収入
(2019年3月)
店舗数
(2019年3月)
三井のリハウス1位
1兆7068億円
1位
41,553件
1位
850億円
281店
住友不動産販売2位
1兆3263億円
2位
37,643件
2位
696億円
270店
東急リバブル3位
1兆2455億円
4位
25,570件
3位
601億円
182店
野村の仲介4位
7673億円
5位
8,922件
4位
331億円
86店
三菱地所
ハウスネット
730億円1,394件28億円20店
小田急不動産457億円1,328件20億円20店
※取扱高とは・・・売買の仲介をした物件価格の総額。3億円のマンションを仲介なら3億円。
※手数料収入・・・売買仲介で発生した仲介手数料の総額。3億円のマンションを仲介(片手)ならば約900万円。
※仲介件数・・・・売買の仲介のみでカウント(賃貸は含まず)。両手取引の場合は1件でカウント。
大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue
  • 査定は超大手6社だけ
  • 業界の1・2・3位まとめて査定
  • 売却サポート・フォローがVIP待遇
  • 大手なら個人情報の取り扱いも安心
  • すぐ売らない!査定だけでもOK!
  • 住宅ローンが残っていても大丈夫!
  • 査定額を無料で比較【すまいValue】

【就職先の参考】不動産業の年収ランキング

ここからは仲介に限らず、不動産業界(全般)での年収ランキングを紹介します。

上位にランキングされた企業は、不動産投資・土地の開発・マンションデベロッパーなど、不動産を利用して稼いでいます。

これから就職する若い人達、また転職される方が、平均年収を企業選びの参考にすることができるでしょう。
プレジデントの記事を参考にしています。

順位会社名平均年収
(万円)
従業員数
(人)
平均年齢
(歳)
勤続年数
(年)
1ヒューリック1530.715639.84.9
2日本商業開発1368.63742.14.3
3三菱地所1229.080640.017.0
4東急不動産HD1194.55645.320.2
5三井不動産1112.5152640.911.7
6ランドビジネス1035.02046.98.8
7野村不動産HD1013.72445.22.9
8いちご992.88842.45.1
9平和不動産955.810641.614.4
10ダイビル937.86539.611.6
11東京建物917.458741.810.6
12プロパスト916.84238.15.7
13プロスペクト913.84146.612.7
14プレサンスコーポレーション894.427130.64.1
15ロードスターキャピタル879.63146.91.9
運営者
運営者
かなり優秀な人材でないと入社できない
たとえ入社できても「使えない」なら残れない
タフな企業ばかりです

【上場企業】売上高ランキング

次に、株式市場に上場している企業の売上高ランキングを紹介します。

上場しているカテゴリーが「不動産業」であることが共通点。
ランキングをご覧いただくと分かりますが、建売業者・不動産仲介業・アパート建築・駐車場運営、といった具合に多種多様です。

順位会社名売上高
1三井不動産1兆8611億9500万円
2飯田グループホールディングス1兆3449億8700万円
3住友不動産1兆132億2900万円
4東急不動産ホールディングス9018億8400万円
5野村不動産ホールディングス6685億1000万円
6オープンハウス5403億7600万円
7レオパレス215052億2300万円
8パーク243174億3800万円
9イオンモール3129億7600万円
10日本空港ビルデング2736億1800万円
11スターツコーポレーション1951億7700万円
12エヌ・ティ・ティ都市開発1680億4200万円
13タカラレーベン1320億500万円
14三栄建築設計1210億1791万円
15フジ住宅1157億1000万円
運営者
運営者
不動産業って
すそ野が広いです

【賃貸】不動産グループランキング

不動産賃貸のランキングは、売上高を公表しているデータがありません。

運営者
運営者
同業者である私の主観で
ランキングを作成しました
順位会社名特徴
1アパマンショップアパート・マンション・一戸建て、取り扱う物件種別も豊富。
評判・口コミも悪くない。
札幌のアパマンショップ爆発事故は残念。
2エイブル評判・口コミは決して良くない、というか悪い。
おとり物件で「営業停止処分」も受けている。
それでも物件数・物件種別の量が多く、客付け力もある。
3ピタットハウススターツグループの不動産仲介。
賃貸だけでなく売買仲介も強い。
店舗は明るく、評判も悪くない。
4いい部屋ネット大東建託グループの賃貸仲介。
大東建託で建築した物件を推してくる。
メゾネットタイプ(1・2階)多いのが特徴。
5お部屋探しMAST積水ハウスグループの賃貸仲介。
積水ハウスで施工した物件が主体。
軽量鉄骨のプレハブなので地震に強く安心感あり。
6mini mini
(ミニミニ)
評判・口コミは悪くない。
個人的にこれまで関わることなく、印象も特徴もない。
番外レオパレス21壁が薄い・音が洩れる・隣人と普通に話ができると悪評判。
「30年一括借り上げ」「家賃保証」をうたいアパート建築
しかし「数年で家賃保証がなくなる」と噂される
入居者・オーナーの両者から評判が悪い
運営者
運営者
あくまでも
私の個人的な感想です

【まとめ】比較しないと分からない

マンションはあなたの大切な資産。
マンション売却は、資産を現金化するための重要な手段です。

ここで紹介した不動産会社の大手ランキングが、あなたの不動産会社選びの指標となれば嬉しく思います。

結果的に、地元の中小を選んだとしても、大手の査定額を比較し、話を聞いてみないのはもったいない気がします。

すまいValueならば、大手不動産会社をまとめて指名して、比較することができます。

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U
  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

あります! → 【HOME4U】
 
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

不動産会社選び
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました