CATVとはケーブルテレビ(cable television)の略称

CATVとはケーブルテレビのこと

CATVは、ケーブルテレビ(cable television)の略称で、同軸ケーブル・光ファイバーケーブルを使用するテレビ放送。

テレビの視聴だけでなく、インターネット接続サービス(isp)やIP電話の利用もできます。

CATVは電波を受信するものではないため、BS・CS用のパラボラアンテナやチューナーは不要。
アンテナの代わりに、受信にはケーブルの接続が必要です。

CATVは有線のため、電波状況の悪い「難視聴地域」においても快適にテレビ視聴が可能です。
一方で、CATVを運営する事業者は地域を限定してサービス提供しているため「事業者を自由に選べない」という不都合もあります。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

すまいValue 不動産査定のメリット

  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

マンションでCATVを視聴

地域のCATV事業者と視聴契約を締結しているマンション(理事会)もあります。

一定数の加盟が見込めるマンションはCATV事業者にとってもメリットがあり、一戸建てに比べて安い料金でテレビ視聴・インターネット接続ができるのが特徴です。

事業者によりサービスは違いますが、地上波放送だけでなくBS放送・CS放送なども視聴する可能。(有料チャンネルはオプション)

CATVのインターネット速度は、(一般的に)光回線の専門プロバイダに比べると遅いと言われています。
ただし、最近では光ファイバーケーブルで高速の通信速度を実現するCATV事業者があります。

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

一括査定は大手が中心だったり、逆に地元の小さな不動産屋だけのサイトばかり・・・。

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

 
あります!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

コラム
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました