マンションの専有面積にバルコニーは含まれない、ポーチ・ベランダなども

質問自分のマンションの専有面積を確認すると、新築時のパンフレットよりも登記簿謄本のほうが小さく表示されています。これは、どちらが間違っているのでしょうか?

回答どちらの面積も間違いではありません。
分譲マンションでは専有面積の測り方に「内法面積(うちのりめんせき)と壁芯面積(かべしんめんせき)」の2種類があります。
登記簿に表示される専有面積は「内法」で計算され、「壁芯」よりも小さな値になります。新築時のパンフレットでは、なるべく広く表示したいので「壁芯」を使います。

大手の安心・売れる営業を選べる すまいValue

すまいValue 不動産査定のメリット

  • 大手だから不動産のあらゆるトラブルに強い
  • コンプライアンスの徹底で個人情報の取扱も安心
  • 広告宣伝費が多く、販売実績も圧倒的
  • 訪問されない「机上査定」も選べる
  • 査定結果の報告は、メール・電話が選べる

一戸建てに専有面積がない理由

専有面積にバルコニーは含めない
分譲マンションと違い、一戸建て住宅の広さのことを「専有面積」とは呼びません。
単純に、敷地面積・延べ床面積と呼ぶのが一般的です。

専有面積とは区分所有法(分譲マンションのための法律)で使われる言葉で、共同で使う場所(共用部)と、個々の所有者が使う場所(専有部)を明確にする意味があります。

したがって、全体を丸ごと所有する一戸建て住宅には、共用部も専有部(専有面積)もないことになります。

内法と壁芯の違い

区分所有法では、専有面積の表示に、内法で測るべきか・壁芯で測るべきかを決めていません。

ただし、区分所有の登記を行う法務局では「内法」で記載するルールにしています。

壁芯とは、隣の住戸との壁の中心を起点に面積を測ります。
内法は、壁を計算に入れず、壁の内側だけを測った面積。

わずかですが壁芯のほうが面積が広くなるのが実感できるでしょう。

ポーチ・バルコニー・ベランダ・専用庭は専有面積に含まれない

専有面積は、部屋の中だけとしているのが一般的です。

玄関前のポーチは、専有面積に含まれません。
ちなみに、玄関扉の内側、三和土(たたき)の部分は専有面積です。

ほかに、バルコニーやベランダも専有面積に含まれません。
広大なルーフバルコニーがある住戸も専有面積には含まれません。

ルーフバルコニーと同じで、1階の専用庭も専有面積に含まれません。

これらの部分は、どれも「専用使用権のある共用部」とされています。

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

一括査定は大手が中心だったり、逆に地元の小さな不動産屋だけのサイトばかり・・・。

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

 
あります!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

サイト運営者

  • 不動産業界の古い商習慣
  • 会社の不利益になること
  • 自分と家族の生活のため

サイトの管理人は、地方の不動産会社で、不動産売買の仲介営業をしています。
しかし大人の事情で、目の前のお客様に、正しい情報を伝えられません。


【一括査定を避けたい営業】

マンションを売却するとき、査定金額・営業の力量を一括査定で、簡単に比較できます。

しかし、現場の営業にとって、一括査定は迷惑極まりない。他社と厳しく比較され、安い販売価格で囲い込むこともできません。

とうぜん、目の前の売主様に「一括査定したほうが良いですよ」という営業は誰ひとりいません。


ここで一例に挙げたように、営業が教えたがらない現実はたくさんあります。

目の前のお客様には言えないけれど、マンションを売却する人には、ぜひ知ってほしい情報をこのサイトでまとめています。

コラム
マンション売却のはじめ方
タイトルとURLをコピーしました